初心者でも、経験豊富な方でも、1点で馬券を買うことは、やろうと思えば誰でもできます。

的中した際の回収率が破格なので、ご自身でも1点に絞って買いたくなる時があるでしょうし、様々な情報会社から『1点勝負』の誘惑があるかも知れませんが、ハッキリと申し上げます。

【馬主の1点勝負情報】に
便乗した方が
何倍も当たって儲かる筈です。

その理由は簡単。馬主の立場を考えてみて下さい。

  • 馬主は、
    電話一本で関係者から真の情報を集められます。
  • 馬主は、
    権力を駆使して情報を集め堂々と馬券を買えます。
  • 馬主の中には、
    調教師や騎手を思い通りに動かすこともできる
    人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    マスコミに圧力をかけ
    印を動かすこともでる人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    JRAに対して影響力を持つ人物さえいます。

これだけの状況が揃っていれば「的中が大前提」と言えるような1点勝負情報があっても何ら不思議はありません。

その証拠に、馬主情報を専門に扱う【トップシークレット】では、ホボ毎週、1点勝負で会員の皆様に的中馬券をお届けしています。

逃げたスマイルカナが3着に粘り、番手追走のレシステンシアが2着と、完全に前残りの展開だった桜花賞を、後方から豪快に伸びて差し切った【ノルマンディTR】の勝負馬デアリングタクトに確信の本命印。桜花賞で負かしたレシステンシアが続くNHKマイルCでも牡馬相手に2着に健闘した事が、その価値を高めている。「桜花賞の脚を見ても距離延長はプラス。良馬場ならさらに切れると思うし、同世代の牝馬相手なら力が抜けていると思うよ」と関係者。

横山武Jの騎乗停止により、父・横山典Jが大一番で代役を務める事となった【ウイン】の勝負馬ウインマリリン。前走のフローラSは強風が吹き荒れる厳しい条件下であったが、後続の猛追を凌ぎぎって見事な重賞勝利。「デキに関しては間違いなくこれまでで一番。内目の枠が欲しかったのは確かだが、前半のロスを最小限に抑えればチャンスはある」と関係者。



今回が初めての千四出走となる【ゴドルフィン】の勝負馬ミッドサマーハウスを狙い撃つ。当初は来週のマイル戦への出走も考えられていたが、担当の「絶対に今週の方が良い。折り合いを考えても1Fの距離短縮はプラスでデキも今がピーク」との一言によりココへの出走が決定した経緯。中京で全く結果が出ていないので左回りに一抹の不安はあるものの、それさえ克服できれば、まず勝ち負け。

対抗にも、距離短縮組となる【八木良司】オーナーの勝負馬タガノスカイハイを抜擢。「前走で速い上りに対応できたのは収穫。もう少し内目の枠が欲しかったが、1勝クラスはいつ突破してもおかしくない」と関係者。



東京ご当地馬主【西山茂行】オーナーの勝負馬ニシノカツナリの巻き返しに期待する。前走は9着に敗れているが、実はこれには「コロナウイルスの影響で番組変更があり、本来の予定を前倒しで使わざるを得なかった上に、当日の朝に寝違えてしまい、返し馬の時から様子がおかしかった」という必然の敗因あり。「今はその影響もなくデキは文句なし。ここを勝ってエプソムCに向かいたい」と関係者。



ステルヴィオとの二択だったレーンがコチラを選んだ」との裏ネタも入っている【ダノックス】の勝負馬ダノンスマッシュに確信の本命印。前走の高松宮記念は、スタートで後手を踏んでチグハグな競馬。「GIを使った後だがデキ落ちはない。安田記念は考えていないのでウチはここが目イチ。斤量面も有利だし、スタートさえ五分に出れば巻き返せる」と関係者。



9着に敗れた昨年暮れの有馬記念から復権を誓っての出走となる【シルクR】の勝負馬アーモンドアイに確信の本命印。ドバイが中止となり帰国検疫と放牧を挟んでのレースになるが、2週連続で稽古をつけた三浦Jは「先週はバランスがもうひとつだったが、今週は良くなっており、これなら大丈夫でしょう」とデキに太鼓判。関係者も「さすがにトップコンディションとまではいかないが、中途半端な仕上げではないし、牝馬限定のココを使うからには、負ける訳にはいかないよ」と自信満々。

とにかくデキはメチャクチャいい。松山Jの騎乗も今年は神がかっているし、大外枠も克服してくれると思うよ」と、関係者から強気な発言が飛び出している【増田雄一】オーナーの勝負馬サウンドキアラ。今年に入って重賞3連勝と勢いは断トツ一番。レース振りも安定感を増しており、一気の頂点奪取も十分に狙える位置にいる。



ここは【社台オーナーズ】の勝負馬トゥラヴェスーラに確信の本命印。ここ2走はオープン特別で連続4着。特に前走は追い込み決着の中で、先行してゴール直前では一旦先頭の好内容。「脚元がシッカリし手加減なく調教できるようになってきた。力の要る中山の馬場から軽い京都に替わる今回は、さらにパフォーマンスを上げられると思う」と関係者。

対抗には【中山泰志】オーナーの勝負馬エイティーンガールを抜擢。前走のシルクロードSでは鋭い決め手を発揮しクビ差2着。「前走後は阪神開催をパスしてここを目標に調整してきた。心身ともに良い状態にあるので、一発目から勝ち負けになる」と関係者。



待望の8枠15番を引き当てた【亀田和弘】オーナーの勝負馬ケイアイパープルに確信の本命印。とにかく砂を被るとダメな馬で、2・3走前はそれがモロに出た形。最内枠だった前走も万事休すかと思われたが、敢えて最後方まで下げて外へ持ち出すと、直線では鋭く伸びて4着まで追い上げた。「前走は小回りで脚抜きの良い馬場と、完全に前が有利な状況。今回は絶好枠を引けたし、乾いた馬場なら前走以上にやれると思う」と関係者。



鞍上にレーンを配し必勝態勢で臨む【河内孝夫】オーナーの勝負馬キタノユウキに確信の本命印。ここ2走連続2着とクラス卒業は目前。「アタマ差2着の2走前は3着に5馬身差。前走にしても馬込みで我慢できていた。漸く差す競馬が板についてきたし、レーンを確保できたここはキッチリ勝っておきたい」と関係者。



ここは【阿部榮乃進】オーナーの勝負馬ヒラソールに確信の本命印。ダートでは底を見せておらず、ノーステッキで難なく差し切った前走内容も昇級即通用のもの。「移動制限の影響で東京を使えなかったり、福島で除外になったりで間隔はあいたが、キッチリ乗り込んで状態は維持できている。ジョッキーが完全に手の内に入れており、ある程度の位置で流れに乗ればチャンスでしょう」と関係者。



ここは【金子真人HD】の勝負馬パンコミードに確信の本命印。休み明けの前走では5着に敗れたが、関係者によれば「道中抑え込んでいかないといけない馬で、結果的にジョッキーと手が合わなかった」とのこと。叩き2走目で川田Jに手が戻る今回は巻き返し必至。

対抗には、京都ご当地馬主【山岡良一】オーナーの勝負馬ウォータービルドを推奨。先行策に転じた前走で1勝クラスを突破。「プラス16キロは減っていた体が戻ったもの。脚元の良くない馬で適度に間隔をあけながらの出走になるが、このクラスを突破できる力もあるし、当日輸送だと気合乗りも良いので、ここでも面白いと思うよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬インディチャンプに確信の本命印。中間は、香港チャンピオンズマイルの目標をココに切り替えての調整だっただけに万全の状態とは言えないが、関係者は「最終追い切りでは遅れたが、相手はジョッキー騎乗だったし、この馬自身は迫力ある動きだった。安田記念へのステップである事は間違いないが、力は出せる状態にあり、最優秀短距離馬として恥ずかしい競馬にはならないよ」と自信満々。



11ヶ月振りの出走だった前走で3着と、力のあるところを改めて証明した【芳賀美知】オーナーの勝負馬ホウショウナウに確信の本命印。叩き2走目となる今回は前進必至。「団子状態よりも縦長を好む馬で、そういう形になりやすい千二の方が距離は合っている。中間の調整も上手くいったので、今回はキッチリ勝ち切って欲しい」と関係者。

対抗には【小笹公也】オーナーの勝負馬テーオージーニアスを推奨。コチラも千四より千二の方が良いタイプで、中山ではカペラS2着の実績が光る。「使い詰めでもデキは安定。脚抜きの良い馬場も得意だし、前半に置かれすぎなければチャンスあり」と関係者。



ここは【東京HR】の勝負馬レッドルゼルの連勝に期待する。前走はスタート直後に躓き、いつもより位置取りが後ろになってしまったが、抜群の手応えで直線に向くと、ノーステッキのまま3馬身突き抜ける大楽勝。「千四にも実績があり距離延長は問題ない。厩舎では重賞を期待している馬。川田Jの評価も高く、昇級のココも一発でクリアできる」と関係者。

対抗には【サンデーR】の勝負馬バティスティーニを抜擢。オープンに返り咲いた前走はスタートひと息。終始外を回らせる来厳しい競馬だったが、最後までジリジリ伸びて4着とメド。「前走をひと叩きし型通り良化。クラス2走目でハンデ55キロの今回は、前走以上にやれると思うよ」と関係者。



格上挑戦の身ながら関係者が秘かに一発を期待している【フジワラF】の勝負馬エーポスに白羽の矢。前走のエルフィンSでは勝ち馬から1秒以上離されているが、先行馬総崩れの流れを2番手追走から直線で一旦先頭のシーン。「まだ背腰に弱い所があり、前開催の京都は馬場が合わなかった。馬場さえ乾いてくれれば一発ある」と関係者。

対抗には、阪神JFでも5着に健闘した【山田和夫】オーナーの勝負馬ヤマカツマーメイドを抜擢。年明け初戦になるが2週続けてジョッキーが稽古に跨り好時計を叩き出すなど、仕上がりは万全。「放牧効果で心身ともにリフレッシュ。マイルよりも千四でこその馬だし、前走のように内々で上手に立ち回れば勝ち負けになる」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している中山ご当地馬主【ダノックス】の勝負馬ダノンスマッシュに確信の本命印。タワーオブロンドンと2キロの斤量差がある今回は、本番へ向け絶対に譲れないところ。「同じ休み明けでも、一頓挫あったキーンランドCの時より仕上がりは良い。スプリンターズSでは、勝負所でタワーオブロンドンに上手く閉じ込められたが、枠の並びからしても今回はリベンジできると思う」と関係者。

対抗には、中山馬主協会所属【小松欣也】オーナーの勝負馬ナックビーナスを推奨。今さら説明するまでもなく、中山の千にはベストの舞台。「稽古では7歳の牝馬とは思えない抜群の動き。高松宮記念は厳しいと思うのでウチのはココが目イチ。ベストの舞台で54キロなら一発ある」と、関係者も色気タップリ。



ここは【栗山良子】オーナーの勝負馬ロザムールを狙い撃ち。昇級後は3走連続3着と煮え切らないレースが続いているが、関係者いわく「左回りだと外に張るので絶対に右回りの方が良い」との話。前走はスタートを斜めに切って途中からハナに立つチグハグな競馬。直線で馬群に飲み込まれてもおかしくない展開を最後まで踏ん張る好内容。「4走前の石狩特別がそうであったように、逃げるリンシャンカイホウを見る形で運べば勝ち負けになると思う」と関係者。

対抗には【社台RH】の勝負馬フォルコメンを推奨。石狩特別ではロザムールとクビ差の接戦。骨折休養明けだが、ジックリ乗り込まれ力を出せる仕上がり。「久々で昇級戦と条件は楽ではないが、それを克服できるだけの能力は秘めている。それに、音に敏感なタイプなので無観客競馬もプラスになると思う」と関係者。



ここは【岩崎僖澄】オーナーの勝負馬ヒストリーメイカーに確信の本命印。今週で解散となる作田厩舎の出世頭で、厩舎一丸となって渾身の仕上げ。弟子の藤岡佑も渾身騎乗を誓っている。「強敵相手の重賞だった前走でも見どころある競馬。条件は今回の方が良いし、これくらいの相手なら勝ち負けになると思うよ」と関係者。

対抗には【アポロTC】の勝負馬アポロテネシーを抜擢。こちらも今週で解散となる山内厩舎の管理馬で、お釣りのない目イチの仕上げ。「オープンに昇級後はワンパンチ足りない競馬が続いているが、それぞれに明確な敗因もある。阪神の2000mは持ち味を生かすのに申し分ない舞台。ハンデ54キロなら一発ある」と関係者。




いよいよ今週からは1回東京開催が開幕。昨年11月以来2ヶ月振りとなるだけに、その開幕週には、オーナーの地元開催に勝利を義務付けられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

東京ご当地馬主【金子真人】オーナーの勝負馬ボスジラも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している1頭。「中間に一頓挫あり間隔はあいたが、稽古を休むことなく乗り込んでいるので状態面に不安はない。ハンデも想定内だし3連勝といきたいね」と関係者。土曜の京都10Rではボッケリーニに確信の本命印を打ち、完全的中をお届けした当社情報網も強力プッシュ。

対抗には【菅波立知子】オーナーの勝負馬トラストケンシンを推奨。千八の前走は明らかに距離不足。直線で不利がありながら5着に健闘したア共和国杯が本来の姿。「中間は短期放牧で心身ともにリフレッシュ。ベストの舞台でマーファーなら、まず崩れない」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している社台系1口クラブ【シルクR】の勝負馬ボンディマンシュを狙い撃つ。稽古ではダノックスやヴェロックス相手に互角の動きを見せる調教横綱。「1週前の稽古に乗せてジョッキーには癖を掴んでもらった。オープンまで行ける馬だと思っているし、初の長距離輸送と左回りを克服できれば昇級でも」と関係者。

対抗には【吉田勝己】オーナー名義の勝負馬コーラルプリンセスを推奨。ダート戦出走のここ3走は安定した走り。「前走は千二で連対したが本来は千四くらいが一番良い馬。中間に2度の除外があった前走時よりデキは上向いているし、スタートさえ失敗しなければ勝ち負けになる」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬ボッケリーニに確信の本命印。ラブリーデイの全弟という事もあり、関係者の期待はかなりのもの。「稽古でもシッカリ動けており、心身ともに成長を感じさせる。2勝クラスが壁になるような器じゃありませんよ」と関係者。

対抗には【吉岡實】オーナーの勝負馬カイザーミノルを抜擢。目の外傷もあり半年振りの実戦となるが、池添Jを背にした今週の稽古では自己ベストをマーク。専門紙などには控え目なコメントも載っているが、当社情報網には「狙うなら休み明け一発目の今回ですよ」と、関係者も本音をポロリ。



ここは社台系1口クラブ【サンデーR】に勝負馬ドナアトラエンテがキッチリ決める。チークを着けたら掛かったり、外したらレースをやめてしまったりと、気性面で若いところを残しているが、1勝クラスでの地力上位は明らか。「休み明けだが稽古の動きも良くイキナリから力を出せる仕上がりだよ」と、関係者も出たトコ勝ちを狙っている。

対抗には【ラフィアン】の勝負馬マイネルミュトスを抜擢。2走前は出遅れ、前走は勝負所で動くに動けずと、ここ2走には必然の敗因あり。「左回りの千八はベストの条件。デキ自体は安定しており、広いコースなら見直せる」と、関係者も一発を狙っている。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している社台系1口クラブ【社台RH】の勝負馬アクアミラビリスに確信の本命印。オークス後に放牧先で一頓挫あり休養が長引いたが、昨秋にターフへ復帰後は一戦毎に着順&内容も良化。「初めての千四だった前走は、少しペースに戸惑っていたが、上手く終いをいかす競馬ができた。中間は稽古で好時計を連発とデキは文句なし。ここをキッチリ勝って京都牝馬Sに向かいたい」と関係者。

対抗には、社台系1口クラブ【サンデーR】の勝負馬ドナウデルタを推奨。昨秋には1勝&2勝クラスを連勝と、良血馬が軌道に乗ってきた印象。「ここにきて漸く素質に体が追いついてきた。放牧先から良い状態で戻ってきたので中間の調整も上手くいった。もちろん、3連勝を狙っています」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している京都ご当地馬主【八木良司】オーナーの勝負馬タガノプレトリアに確信の本命印。昨秋はダ千四を3走続けて使われ安定した走り。「中2週になるが硬さも見られずデキは安定。関西圏のダ千四ならまず崩れない」と関係者。

対抗には【ラフィアン】の勝負馬マイネルオスカルを抜擢。今回は詰めの甘さを解消する為に距離短縮。「いつもはビッグレッドFに放牧へ出すのだが、この中間は放牧先をワコーFに変えてみた。そしたら、かなり良い状態で戻ってきて、厩舎での仕上げもスムーズ。千四でもスピード負けしないし、狙うなら今回でしょう」と関係者。



ここは中山ご当地馬主【サトミHC】の勝負馬サトノエルドールに確信の本命印。スタートが安定せず取りこぼしが続いているが、このクラスでの能力上位は明らか。「跳びが大きい馬なので内回りから外回りに替わるのは大歓迎。状態も引き続き良いので、ここはキッチリ決めておきたい」と関係者。

対抗には【IHR】の勝負馬オセアグレイトを抜擢。セントライト記念では14着と大敗したものの、未勝利から3連勝した素質馬。「前走後は疲れもあったので放牧に出してリフレッシュ。4ヶ月振りになるが、稽古の動きからも力は出せる仕上がり。自己条件のここは一発で決めたいね」と関係者。



マイルCS13着から一変を目論んでいる【吉田和美】オーナーの勝負馬フィアーノロマーノを狙い撃つ。安田記念とマイルCSではGIの厚い壁に跳ね返されたが、G2でこの相手関係なら見直し必要。「馬にやる気がみなぎており、今は本当に具合が良い。阪神は得意なコースだし、自分のリズムで先行して、最後まで気持ちが途切れなければ十分にやれると思う」と関係者。

対抗には、スプリンターズSを回避し、今回が仕切り直しの一戦となる【サンデーR】の勝負馬グランアレグリアを推奨。7ヶ月半振りの実戦になるが、もともと仕上がり早のタイプで、天下の藤沢和厩舎となれば心配無用。「スプリンターズSを回避した後は、ここを目標に順調な調整過程。大げさではなく『今までで一番』と言って過言でない状態に仕上がっている。阪神へへの輸送もお手の物で、普通に楽勝だと思いますよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬コントラチェックを狙う。前走の秋華賞では、ビーチサンバとのつばぜり合いで1000m通過58.3秒のハイペースを演出。あれでは15着に大敗も仕方なし。「前走は見てのとおり、全く競馬にならなかった。オークス以来だった当時より、今回の方が状態が良い事は間違いない。もう少し内目の枠なら言う事はなかったがスタートは速い馬。得意のマイルで気分よく先行すれば巻き返してくれるでしょう」と関係者。

対抗には【コロガシ1点勝負】として提供した前走の修学院Sで対抗に指名し、本命推奨したゴータイミングとの決着で完全的中をお届けした【近藤英子】オーナーの勝負馬エスポワールを推奨。在厩馬6頭中3頭を土曜に集中出走させているように、オーナーサイドの勝負度合いはかなりのもの。乗り馬の質が一気に低下してしまったMデムーロにとって、相思相愛の【近藤英子】オーナーは今や最重要人物の一人。当人も相当力が入っている。「大外枠からチグハグな競馬だった秋華賞こそ崩れたが、それ以外は安定して走っている。牝馬限定なら重賞でも十分足りるし、53キロならチャンスは大きい」と関係者。



ここは【サトミHC】の勝負馬サトノソロモンを狙い撃つ。先週は、故・近藤利一オーナー名義で友道厩舎の管理馬アドマイヤマーズで香港マイルを制し、レース直後には近藤利一氏への敬意を語ったスミヨン。このレースには、近藤利一オーナー名義で、自身の身元引受人となっている友道調教師が管理、前走で騎乗し3着だったアドマイヤポラリスも出走しているが、そちらを蹴ってまで、サトノソロモンに騎乗するのだから、その勝負度合いは半端なものではない。「前走は休み明けで馬がモッサリしていたし、距離も短かった。叩き2走目+距離延長+ブリンカー着用と、今回は一変の材料が揃っている」と関係者。

対抗には【山紫水明】の勝負馬ルモンドを抜擢。今回は9ヶ月振りの実戦となるが「稽古は質量ともに十分足りており、最終追い切りに跨った川田Jも好感触」と、関係者はデキに太鼓判。デビュー3戦目のつばき賞ではワールドプレミアからコンマ3秒差の競馬。当時2着だったユニコーンライオンが、既に3勝している事からも、イキナリ通用の計算は成り立つ。人気の割れている今回こそが、馬券的にも絶好の狙い時。



前走で一変の競馬を見せた【金子真人】オーナーの勝負馬ヒュッゲの連勝に期待する。切れ味よりも持久力で勝負するタイプだけに、ハナを奪った前走が大正解。瞬発力勝負になりにくい阪神内回り二千へのコース替わりも大歓迎。さらに、川田への鞍上強化と、昇級でも買い材料がズラリ。「前走後も順調そのもの。前走と同じような競馬ができれば、昇級でもイキナリから戦える」と関係者。

対抗には【サンデーR】の勝負馬ディアスティマを抜擢。デビュー戦は、2番手追走から早目先頭に立ち、後続が迫るともうひと伸びする好内容。「追い切り後の息の入りが早く、心肺機能が 高い馬。レースを一度使った上積みもあるし、良い枠も引けたので楽しみだね 」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬クリソベリルに確信の本命印。デビューから負けなしの5連勝。一線級との対戦は今回が初めてとなるが、関係者は「ハッキリ言って持っているエンジンが違う」とキッパリ。続けて「前走時も夏負けの兆候が残っており、状態は決して本物でなかったが、それでもノーステッキで大楽勝。当時より状態は上がっているし、本当に強くなるのはまだ先だと思うが、ここも圧勝すると思っている」と自信満々に語る。毎年12月からは古馬と3歳馬の斤量差が1キロ縮まり、チャンピオンズCで3歳馬は56キロを課せられるのだが、今年は土曜が11月30日である為に、番組上の規定で55キロで出走できるのも大きなアドバンテージ。

対抗には、前走の南部杯3着から巻き返しを誓っている【吉田勝己】オーナー名義の勝負馬ゴールドドリームを推奨。皆様もご存知のとおり同馬は、馬主資格を持つ者が共同で馬を所有するオーナーズ倶楽部【LexPro】の所属馬。そして、その【LexPro】は、11月25日に2019年度1歳馬の第一次募集を開始したばかり。その中には、同馬の妹にあたる『モンヴェールの18』の名も。この事実1つを取っても、同馬にとって『今回が目イチ』である事は明白。「前走は帝王賞を回避した後で、調教でも強い負担を掛けていなかった。直前の追い切りもルメールが乗って坂路で55秒台と軽すぎたし、台風を考慮して2日前に盛岡へ輸送したら、馬場が閉鎖になるアクシデントも。その点、今回は藤懸を乗せて坂路で50秒台と悔いのない仕上げ。まだまだ力は衰えていないよ」と関係者。



10月より続いた京都開催も今週がラストウィーク。週末の2日間には、オーナーの地元開催に勝利を義務付けられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

京都ご当地馬主【岡浩二】オーナーの勝負馬ノストラダムスも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している1頭。昨春の毎日杯ではブラストワンピース・ギベオン・インディチャンプに次ぐ4着に。その後オーナーの意向で度々格上挑戦していたが、漸く観念してここ2走は自己条件を使っている。前走は僅かに掲示板を外して6着に敗れているが「パシファイアー着用で折り合いがスムーズだつたのは収穫。ひと叩きの上積みを考慮すれば前進必至」と関係者。

対抗には、長期休養明けの前走でも対抗に抜擢し、本命推奨したボッケリーニとの決着で【馬連1点860円的中】をお届けした【近藤利一】オーナー名義の勝負馬アドマイヤポラリスを推奨。オーナーは11月17日にこの世を去ったが、馬主の名義変更は規定で1か月の猶予期間があり、今週は近藤利一氏の名義で出走する。前走は5ヶ月ぶりの実戦だった上に昇級戦と、厳しい条件ながらアタマ差2着。「このクラスでの能力上位は明らか。ひと叩きした今回は取りこぼせない」と関係者も必勝宣言。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬トリコロールブルーに確信の本命印。前走は台風による影響で代替開催となり難しい状況であったが、クビ差2着とオープン特別での力量上位を改めて証明。「前走でスミヨンがシッカリ動かしてくれたおかげで馬がピリッとしてきた。良い枠も引けたし、目下の充実振りならコーナー4つの競馬にも対応できると思う」と関係者。

対抗には、先週日曜の京都10Rでエスポワールを強力プッシュ。コロガシ成功で現金30万円獲得に大きく貢献した当社情報網がオススメする【近藤英子】オーナーの勝負馬フランツを推奨。実はこの馬、中間にスミヨンへの騎乗依頼も考慮されたのだが、デムーロを高く評価しているオーナーサイドの強い意向もあり、デムーロとの再タッグ結成が実現。「相変わらず稽古では動かないが、本数はこなしており力を出せる仕上がり。ここで結果を出さなければ、デムーロも男じゃないでしょう」と関係者。

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬ブルーメンクローネの連勝濃厚。初ダートの前走が、2番手追走から直線で楽に抜け出す横綱相撲。「前走から中7週での出走になるが、1週前にコースで併せ馬を消化し、今週の坂路追いでキッチリ仕上がった。牝馬同士なら昇級のここも通過点」と関係者。

対抗には【大川徹】オーナーの勝負馬スマートフルーレを推奨。こちらも前走で1勝クラスを勝ち上がったばかりだが、余裕たっぷりの内容から昇級の壁は感じられない。「ジョッキーも手の内に入れているし、普通に走れば勝てるでしょう」と関係者。土曜の東京9Rをメイショウテンスイで制した南井厩舎からは「土曜以上に自信がある」との声も聞こえている。

以前からお伝えしているように【キーファーズ】の松島正昭オーナーは「武豊Jで凱旋門賞を獲りたい」と公言しているほど、自他共に認める武豊フリーク。今週は、ご当地・京都開催に3頭の所有馬を出走させているが、当然、その全てに武豊が騎乗している。そして、このゴータイミングは関係者が今後の活躍に大きな期待を寄せている1頭。「ワンターンの競馬で見せる末脚は間違いなくオープン級。乗り難しい馬だが、ジョッキーがここまで競馬を教え込みながら成長しているし、ここもアッサリ突破できると思う」と関係者。

対抗には【近藤英子】オーナーの勝負馬エスポワールを推奨。前走の秋華賞では9着に敗れたが、3ヶ月振りの出走で大外枠から出遅れ流れに乗れなかった事を考えれば情状酌量の余地あり。「GIを使った後だが、疲れもなく中間は順調にきている。今回はデムーロに手が戻るし、自己条件からの再出発となれば負けられない」と関係者。





週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬ラッキーライラックに確信の本命印。今回はスミヨンへの鞍上強化となるが、実はこれには「石橋脩は前走の結果でクビになった訳ではなく、かなり前からここでのスイッチは決まっていた」との裏ネタあり。稽古に跨たスミヨンも「リラックスして走れていたし、スタミナがある」と好感触。チューリップ賞以来となる1年8ヶ月振りの勝利へ向け準備万端。

対抗には、デビューから負けなしの4連勝でオークスを制した【DMM】の勝負馬ラヴズオンリーユーを推奨。爪の不安で秋華賞を回避したが、関係者によれば「使おうと思えば使えたが、今後もある馬だし、万全を期してパスしただけ」との話。実際、稽古では久々を感じさせない動きを見せており、関係者も「これまでで一番良かったオークスには及ばないが、GIで勝ち負けできる状態までには仕上がっている」とデキに太鼓判。昨年、リスグラシューでこのレースを制した矢作陣営も、連覇へ自信満々。



完璧に仕上げるから楽しみにしておいてくれ」と、早い段階からスミヨンに勝負の騎乗依頼を出していた、社台系1口クラブ【シルクR】の勝負馬マグナレガーロを狙い撃つ。稽古の動きが目立たないのは以前からのことで気に病む必要はない。「これからどんどん出世していく馬。1年振りだろうが2勝クラスで負けてはいられない」と、関係者も出たトコ勝ちを狙っている。印の薄い今回こそが馬券的にも絶好の狙い時。

対抗には【鈴木剛史】オーナーの勝負馬エクリリストワールを推奨。ここ2走は後続に1秒の差をつける圧勝劇。「操縦性などに課題を残すが能力はかなりのもの。クラスが上がってペースが速くなった方が折り合いもつくし、まだまだここも通過点」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【金子真人】オーナーにとって今週は勝負週。ア共和国杯に出走するアイスバブルを筆頭に、土日合計8頭の勝負馬を送り込んでいる。その中でも、このボッケリーニは、関係者が星勘定している勝負馬。昇級初戦の前走で早速クラスにメド。「ジョッキーも『乗り味は兄ラブリーデイよりも良いくらい』と高評価。叩いて順当に良くなっているし、今回は勝ち負けでしょう」と関係者。

対抗には【近藤利一】オーナーの勝負馬アドマイヤポラリスを抜擢。勝ち味に遅い点は否めぬも、超スローペースの中で外を回って差し切った前走は強い内容。「休み明けでも仕上げに抜かりはなく、京都の外回りなら千八でも対応可能。決め手は昇級のここでも十分通用する」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように、日曜にパーティーを催す【シルクR】にとって今週は下半期一発目の大勝負週。土曜はダイアトニックがスワンS、リアアメリアがアルテミスSを制し、第一目標であった『東西重賞制覇』を達成したが、最大目標は文句なしにアーモンドアイの天皇賞制覇。昨年は、牝馬三冠のかかっていた秋華賞当日に京都でパーティーを開催。そして今年は天皇賞当日に東京でパーティーを開催。この事実が何を表しているかは語るまでもない。「先週と今週の併せ馬でキッチリ仕上がった。良い枠も引けたし、昨年のジャパンCの時のように、スタートを決めて、世界が驚くような競馬を見せて欲しい」と関係者。

対抗には、まさかの殿負けとなった安田記念の雪辱を果たすべく、休み明け一発目からキッチリ仕上げられてきた【ダノックス】の勝負馬ダノンプレミアムを推奨。天皇賞と同じ東京芝2000mで行われた土曜東京8Rに、川田の為にダノンバリアントを用意していた事からも、オーナーサイドのこの1戦に懸ける意気込みが伝わってくる。「安田記念はスタートの不利もそうだが、走る前から歩様が硬く万全とは言えない状態だった。休み明けでも今回の方が具合は良いし、積極的な競馬で勝ちに行って欲しい」と関係者。



代替開催となった21日(月)の東京9Rでレッドルゼルに確信の本命印。対抗に抜擢したオリオンパッチとの決着で【馬連1点・1100円的中】をお届けした当社情報網の『日曜一番』が、東京ご当地馬主【東京HR】の勝負馬レッドクレオス。実はこの馬、1口5万5千円で募集されている弟『サセッティの18』が満口まで残り僅かという状況。兄の勝利が販売促進に繋がる事は間違いないだけに、関係者も目イチの構え。「先週はもう一息という動きだったが、今週の併せ馬でキッチリ仕上がった。スパっと切れて突き抜けた前走内容なら、1Fの距離延長も昇級も難なく突破してくれると思う」と関係者。

対抗には【中村時子】オーナーの勝負馬マサノアッレーグラを抜擢。「骨折明けになるが、2週続けてOP馬と併せ馬を消化し態勢は整った。左回りの千四はベストの舞台だし、使い込むと良くない馬なので一発目から勝負だよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【東京HR】の勝負馬レッドルゼルに白羽の矢。前走の端午Sでは7着に敗れてしまったが、いつもより一列後ろの位置取りとなってしまった上に、前残りの展開では仕方なし。その後は放牧に出してリフレッシュ。「当初は来週の出走も考えていたが、あまりにも具合が良いので今週使う事にした。距離短縮もプラスになると思うし、これはイキナリから勝負だよ」と、関係者も出たトコ勝ちを狙っている。

対抗には【陳立文】オーナーの勝負馬オリオンパッチを抜擢。「前走は完全にデムーロのヤラズ。それに、勝ち馬モンペルデュは土曜にオープンを勝ち、2着のデザートストームも3勝クラスを楽勝と相手が悪かった。代替開催になった事でルメールを確保できたので、このチャンスを生かしたい」と関係者。2走前にはレッドルゼルに先着しており、スムーズなら逆転も。



ここは【三嶋牧場】の勝負馬リンシャンカイホウを狙い撃つ。新潟千直は勝ち星こそないものの、三度馬券に絡む好走を見せている。唯一崩れた春の新潟はゴールデンウィークの渋滞に巻き込まれて馬体重が大幅に減っており、レース前に体力を消耗しきったもので参考外。2勝クラスで結果が出ていなかったが前走得意の千直で復調を印象づけた。前走より2キロ軽い斤量に加え大外枠を引けたのも好材料。「この条件がベスト。最後まで集中力が持続すれば好勝負!」と関係者。

対抗には【浅川皓司】オーナーの勝負馬ヒロイックアゲンを推奨。こちらも新潟千直では連対を外した事のない千直巧者。前走は不利な内枠ながら上がり最速の脚を使い2着を確保。メンバー最速の持ち時計の持ち主でもあり、馬場が乾いてきたのは好材料。最終レースまでに良馬場まで回復すればさらに条件は有利になる。「前走後シッカリ休ませて疲れは取れた。条件はベストなのでイキナリから楽しみ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬アルーシャを狙い撃つ。「前走は大外枠で壁を作れず流れに乗りきれなかった。この条件は合ってるし巻き返す」と関係者。昨年3連勝でオープン入りし、京都牝馬Sでも差のない競馬と、オープンでのメドは立っている。昨日、史上2人目となるJRA通算2万1千回騎乗を達成した蛯名が追い切りに跨がり、万全の仕上げ。1Fの距離短縮と1キロの斤量減で巻き返す。

対抗にも【サンデーR】の勝負馬デアレガーロを推奨。「今のこの馬には千二は短いですね。ベストはやっぱり千四でしょう。状態の良し悪しが分かりやすい馬で今回は良いですよ。前走のキーンランドCの時よりデキが良いので走ると思います」と関係者。

本命馬アルーシャとは京都牝馬Sで直接対決をした上で重賞勝ちしているように実績時には同馬が上。当時より斤量面でアルーシャと3キロの差がついており対抗評価に留めたが【サンデーR】の勝負馬同士での親子丼決着が濃厚。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【キャピタルS】にとって今週は勝負週。土曜は残念な結果に終わったが『今週一番』は、このモズスーパーフレア。前走の北九州記念では4着に敗れたが、プラス26キロと太目の馬体に加え3番手からの競馬。関係者が『叩き台』に徹していた事は明白。「中間は全て思い通りにきており満足のいく仕上がり。逃げてこその馬なので、今回は何が何でも行かせる予定。32.3秒で入ってそのまま押し切ったオーシャンSのような競馬ができれば逃げ切りも十分」と関係者。

秋の中山開催では、本日の中山2Rを含め合計11鞍の芝1200m戦が行われたが、逃げ馬は1勝2着5回3着2回と『連対率54.5%&複勝率72.7%』の好成績。松若が迷わず行けば結果はついてくる。

対抗には、前走のキーンランドCを快勝。4着に敗れた高松宮記念からひと回り成長した姿を見せた【ダノックス】の勝負馬ダノンスマッシュを推奨。初コンビを組んだ川田も「あまりいい形ではく苦しい競馬だったが、それでも勝つのだから力がある」と、GI獲りへ確かな手応えを掴んでいた。「高松宮記念は、内を通った馬が上位を独占する中で、外を回ったのが痛かった。ハッキリ言ってジョッキーの腕の差で負けたようなもの。リーディングジョッキーを配して臨む今回は春以上の結果を期待したい」と関係者。さらに厩舎サイドからは「4歳時のロードカナロアに似た雰囲気がある」との声も聞こえている。

また、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】でも触れているように、全妹の『スピニングワイルドキャットの18』が【ロードHC】の『2019年度1歳募集馬』に名を連ねており、その母体であるケイアイファームの関係者も力が入っている。

前走のセントウルSをレコードで勝利し、サマースプリント王に輝いた【ゴドルフィン】の勝負馬タワーオブロンドン。グランアレグリアが出走を回避した事でルメールが連続騎乗となるのは心強い限り。「サマーシリーズを3回使ったが、身のこなしに硬さもなくデキ落ちはない。中山は初めてでも、阪神を得意にしている馬なので難なく対応できると思う」と関係者。



スプリンターズSにマルターズアポジーを出走させる【藤田在子】オーナーの『GI裏』の大ヤリ情報馬マルターズディオサを狙い撃つ。新馬戦は2着に敗れたものの、相手が新潟2歳Sを勝ったウーマンズハートなのだから仕方なし。前走はて最後方からまとめて差し切る豪快な競馬。走破時計は新潟2歳Sを上回っていた。「今回が3走目なので大きな上積みはないが、中間は至って順調にきている。ゲートも練習してきたので前走よりは上手に出ると思うし、先々が楽しみになるようなレースを見せて欲しい」と関係者。

対抗には、看板馬ディアンドルのスプリンターズS出走に合わせ、土日合計12頭の所属馬送り込んでいる【シルクR】の勝負馬ギルデッドミラーを推奨。「デビュー戦で内にもたれるところがあったので、ハミを換えたら稽古でも真っ直ぐ走れるようになった。放牧効果で馬体に幅も出て確かな成長を感じる。今回は、デビュー戦からもう一段階上の競馬が見せられると思うよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【サンデーR】にとって今週は勝負週。看板馬のGI&重賞出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬をスタンバイさせている。

そして、このルガールカルムも、関係者が桜花賞の殿負けから巻き返しを誓っている勝負馬。「桜花賞は相手が強かったのも確かだが、アネモネSの反動で状態が下降線を辿っていた。その後は放牧に出して立て直し、久々でも太目感なく仕上がっている。OPを勝った馬が3勝クラスに出られる訳だし、古馬相手でもここは取りこぼせない」と関係者。

対抗には【吉田和美】オーナーの勝負馬モアナを推奨。「コンスタントに使っているが、放牧を挟みつつなので馬は元気一杯。最近は短いところを使っているので、脚の使いどころと折り合いがカギになるが、マイルも守備範囲なので圏内は外さないと思うよ」と関係者。



中山馬主協会の重鎮【里見治】オーナーの勝負馬サトノフォースが巻き返す。前走で8着と人気を裏切ってしまったが、札幌の小回りコースが合わなかった上に、勝負所では外から被されて動くに動けず。まともに競馬ができなかった。「涼しくなるにつれ状態はグングン上がっている。テンションが高く乗り難しい面はあるが、まともに走ればここでは力が違う」と関係者。

対抗には【シルクR】の勝負馬ブレイブメジャーを推奨。「直線でパッタリ止まってしまった内容から、前走は距離が長かった様子。休み明けの今回は、万全のデキとはいかないが、2勝クラスでは地力が違う」と関係者。



16着に大敗した前走のNHKマイルCから一変を誓っている【前田幸治】オーナーの勝負馬イベリスを狙い撃つ。その前走は、初めての東京遠征で物見が激しくハナを奪うまでに脚を使ってしまい、直線では馬場が緩くなっていた内目を選択。元々、距離もギリギリであったこも考慮すれば参考外の一戦と言える。「ジョッキー騎乗だったとは言え、今週の追い切りが素晴らしい動き。仕掛けてからの反応も良く、休み明けでも状態面に不安はない。開幕週だし、軽量をいかして積極的な競馬から粘り込みを狙いたい」と関係者。

対抗には、3回目のスプリント挑戦に加え、斤量57キロで重賞勝ちのある阪神へのコース替わりと、あらゆる条件が好転する【ゴドルフィン】の勝負馬タワーオブロンドンを推奨。札幌から中1週での競馬となるだけに状態面が気になるところだが、関係者は「稽古も動いているように全く問題ない。疲れやデキ落ちの傾向があれば使わないし、むしろまだ上積みがあるくらい」と不安を一掃。ルメールはスプリンターズSで同厩のグランアレグリアに騎乗する事が内定しており、この馬にとってはサマースプリント王のタイトルがかかるこのレースが目イチとなる。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬アガラスに確信の本命印。ダートにお試し挑戦した前走は参考外。芝替わり+自己条件からの再出発となるここは取りこぼせない。「春にはレベルの高い重賞で上位を争っていた馬。距離もマイルが一番良いし、休み明けでも一発目から」と、関係者も出たトコ勝ちを狙っている。

対抗には【山口功一郎】オーナーの勝負馬アントリューズを推奨。直線でド真ん中を豪快に伸び、あっと言う間に後続を3馬身ちぎった前走が、力の違いを見せつける競馬。「ジャッジの辛い田辺Jも、この馬はかなり高く評価してくれている。休み明けでも仕上がりは文句なく、決め手は昇級のここでも十分に通用する」と関係者。



1年ぶりでもキッチリ仕上がった【馬場幸夫】オーナーの勝負馬アンブロークンを狙い撃つ。1年前の新潟2歳Sでは、NHKマイルC2着馬ケイデンスコールとクビ差の接戦。条件クラスでは元値が違いすぎる。「特に目標を定めず、良くなるまでジックリやってきたので、久々でも力を出せる仕上がり。気性的に久々は苦にしないし、ここでは力が断然上でしょう」と関係者。

対抗には、前走で【馬連920円&3連単2万2130円】の完全的中に貢献した【木村廣太】オーナーの勝負馬ネリッサを推奨。距離を千四に縮めた前走が鮮やかな差し切り勝ち。「今回は舞台が外回りの千六に変わるが、前走が少し忙しいくらいだったので丁度いいと思う。昇級のここでも決め手は見劣らない」と関係者。



6週間で行われる夏の小倉開催も残り2週。次の開催は来年になるだけに、今週と来週の小倉開催には、オーナーの地元開催に勝利を義務付けられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。小倉ご当地馬主【竹園正繼】オーナーの勝負馬テイエムクロムシャも、関係者がオーナーの地元開催で連勝を狙っている1頭。「千八だとどうしても最後に脚が上がってしまうが、千七なら粘りが利く。引き続き具合いは良いし、鞍上も手の内に入れているので、昇級でも互角以上に戦えると思う」と関係者。

対抗には【椎名節】オーナーの勝負馬タイサイを推奨。「シビアな展開で2着に粘った前走は強い内容。相手関係を考えても、今回は決めておきたいところ」と関係者。



ここは【社台オーナーズ】の勝負馬エスタジの連勝濃厚。これまで勝ち切れないレースが続いていたが、ブリンカーを着用した前走で一変。ゴール前は抑える余裕を見せて6馬身差の圧勝。稍重の馬場を考えれば勝ち時計も優秀。当時の2~4着馬はすでに未勝利を勝ち上がっているように、レースのレベルも高かった。「中間はノーザンファーム天栄に放牧へ出しリフレッシュ。その後も順調にきており状態は前走以上。コース替わりは問題ないので今回も好レースになるはず」と関係者。斤量2キロ減も有利で、前走に引き続き圧勝のシーンも十分。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬アゴベイを推奨。古馬との初対戦だった前走で3着と健闘。しかし、陣営は「位置取りが後ろすぎて馬場の悪い内を通らされた分の負け」と納得していない様子で、良馬場ならば改めて期待できる。「やはり千四がベスト。もう一列前で競馬ができれば」と関係者。テン乗りとなる戸崎も追い切りに跨り好感触。



ここは【木村牧場】の勝負馬アロハブリーズの3連勝に期待する。前走はいつもより一列後ろの位置取りから、直線で外に出されると豪快に伸びて差し切り勝ち。「無理せずジックリ育ててきた甲斐があり、前走では成長を感じさせる走り。ここ2走は脚抜きの良い馬場での好走だが、パワーがついてきた今なら良馬場でもやれると思うよ」と関係者。

対抗には【岡田牧雄】オーナーの勝負馬エターナルフレイムを抜擢。当コースで全3勝をマークしている新潟専用機。「前走後は他の開催には目もくれず、得意の新潟を目標に調整してきた。硬さもなく、ひと追いごとに調子を上げており、休み明けでも力を出せる仕上がりだよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬エクセランフィーユが、ここも楽々突破する。【馬連920円&3連単2万2130円】の完全的中をお届けした先週の土曜新潟12Rでは、対抗に抜擢したネリッサが鮮やかな差し切り勝ちを収めたが、この馬はデビュー戦でそのネリッサとコンマ1秒差の競馬。しかも、コチラは直線で前が詰まって立て直すロス。「この中間は天栄に放牧へ出し、新潟競馬場へ直接入厩。ロシュフォールと併せた今週の動きも上々。このあたりで足踏みする馬ではない」と関係者。

対抗には【社台オーナーズ】の勝負馬フィリアーノを抜擢。昇級の前走では7着に敗れたが「小回りで急がせる競馬は合っていない。距離も千六がベストだと思う」とレース後の丸山。コース替わりの今回は前進必至。



ここは【シルクR】の勝負馬ユナカイトで順番の鞍。クラブ側としても、アーモンドアイの妹をいつまでも1勝クラスを走らせておけない裏事情。「調教から真面目に走る馬で、今回も良い意味で動きに変わりはない。2か月ぶりだが、順調に調整できており力を出せる仕上がり。メンバー的にもここは取りこぼせない」と関係者。

対抗には【木村廣太】オーナーの勝負馬ネリッサを抜擢。2走前のアネモネSではユナカイトとコンマ3秒差の競馬。しかも、こちらは、ただでさえ不利な8枠スタートから痛恨の出遅れ。「距離が長すぎた前走のフローラSは参考外。放牧効果で体がひと回り大きくなりパワーアップ。左回りの方が走りがスムーズだし、ベストの舞台で1勝馬クラスなら、イキナリから勝ち負けになる」と関係者。



ここは【浅沼廣幸】オーナーの勝負馬デルマルーヴルで中心不動。ドバイで世界を相手に4着と健闘し、帰国初戦となった前走のJDDでも2着と、ダート路線なら世代トップクラスの実力。「前走は相手が強かっただけ。叩いて順当に良くなっているし、左回りの方が走りもスムーズ。重賞とは言え、メンバー的にもここは取りこぼせない」と関係者。戸崎Jから吉田隼Jへの乗り替わりに関しても「戸崎が先約を優先してのものであり、当人はコチラに乗りたがっていた」との裏ネタあり。

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬メールドグラースの重賞3連勝に期待する。2走前の新潟大賞典で初重賞制覇。前走の鳴尾記念では、それがフロックでなかった事を結果で証明して見せた。今回は鳴尾記念からさらに斤量増となるが、関係者は「レーンからの乗り替わりになるが、以前から乗っていた川田Jなら何の心配もない。2か月ぶりでも前走と同じかそれ以上の状態にあり、目下の充実ぶりで良馬場なら、まず大丈夫でしょう」と自信満々。「清水久師は家族を連れて小倉入り」との裏ネタも。



小倉から川田を呼び寄せ、得意の洋芝で重賞制覇に意欲を見せている【野田みづき】オーナーの勝負馬ミッキーチャームに確信の本命印。「昨夏の北海道シリーズでは、3戦すべてで3馬身差以上の大楽勝。とにかく洋芝が得意で逃げなくても大丈夫。中山牝馬Sに前走のヴィクトリアMと、大きく負けたのは関東への輸送があった2回だけ。前走後はここを目標にシッカリ作ってきたし、滞在競馬なら崩れることはないでしょう」と関係者。



春の新潟千直で適性を示した【グリーンF】の勝負馬ファストアズエバーに確信の本命印。前走は接触してハミが抜けてしまうアクシデント。それでも3着するのだから千直適性は高い。中間は放牧に出して、この開催を目標に乗り込みは十分。当初は小倉の芝1200mと両睨みだったが、このレースに関西馬が出られる枠があるのを確認すると、迷わずコチラを選択。「前走で適性が見えた。この条件なら勝てる」と関係者。前走から2キロ減で絶好枠を引いたココは負けられない。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬コンピレーションを推奨。前走はハナ・ハナの3着惜敗。「4コーナーで外へ膨れてしまったのが勿体なかったです」と嶋田純騎手。まだコーナーワークに難があるので、直線競馬は間違いなく合う。「スタートさえ上手く切れば、ここも良い勝負になる」と関係者。



かなり早い段階からルメールを確保し、重賞勝ちに意欲を燃やす【田中成奉】オーナーの勝負馬タイセイビジョンを狙い撃つ。「新馬戦は千四を使ったが、デビュー前から『ゆくゆくはスプリンターになるだろう』と話していた馬で距離短縮は問題ない。心配していた輸送も無事にクリアできたし勝ち負けになると思う」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【前田幸貴】オーナーの勝負馬ビアンフェを推奨。「母ルシュクルはすずらん賞勝ちに函館芝千二で2勝。姉ブランボヌールも函館2歳S&キーンランドCで重賞2勝と、洋芝が得意な血統で、デビュー前からここを目標にしていた馬。出遅れたデビュー戦こそ敗れたが、前走では勝負根性も見せて順当勝ち。無事に抽選も突破した上にこの絶好枠。幸運にも恵まれたので何とかモノにしたい」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【シルクR】にとって今週は勝負週。週明け22日より受付が始まる『2019年度1歳馬・第一次募集』の販売促進の意味も込め、勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイ。その中でも一番の目玉がプリモシーン。前走のヴィクトリアMでクビ差2着だった馬を、わざわざハンデのG3戦に出走させてきたのは、父ドゥラメンテの妹が総額5000万円で『2019年度1歳募集馬リスト』に名を連ねている事と無関係ではないだろう。その証拠にこの中間は1週前より栗東入りし英才教育。さらに、同日の芝1600mで行われる長久手特別に、福永Jの為にディロスを用意するなど必勝態勢。「栗東で鍛えた効果で腰回りの弱さも解消し、歩様も良くなった。GIで激走した反動もなく満足のいく仕上がり。今年はサマーマイル王を狙っており次は関屋記念を予定しているが、まずはここで力の違いを見せつけて欲しい」と関係者。

対抗には、前走のNHKマイルC10着から巻き返しを誓っている【キャロットF】の勝負馬グルーヴィットを推奨。「前走はグランアレグリアをマークする形で進んだが、直線ではグランアレグリアとダノンチェイサーに挟まれる形となり、その後も行くとく行くとこグランアレグリアに邪魔されてしまった。それでもラストまでシッカリ伸びて着順ほど負けていないし、距離にメドも立てたと言える内容。今回は2ヶ月振りになるが稽古の動きは文句なし。左回りは得意だしパワー型なので力のいる今の中京コースも大歓迎。ハンデにも恵まれたし、かなり自信がある」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【村瀬寛紀】オーナーにとって今週は勝負週。現在、所有馬は2頭のみだが、その2頭ともにお膝元の中京に浜中Jを起用し同日出走させている。昇級戦の前走で2着とクラス卒業にメドを立てたシホノフォルテ。「勝ち馬には突き放されたが、そのダンツキャッスルはユニコーンSでも3着に健闘。また、当時3着だったロフティネスはすでに1勝クラスを突破。休み明けでも体はキッチリできており、相手にも恵まれたここは決めておきたい一戦」と関係者。

対抗には【ロードHC】の勝負馬ロードリバーサルを抜擢。「前走では勝ち馬から2秒離された4着だが、6馬身差2着だったコンカラーと、そこからさらに5馬身差の3着だったマッスルビーチが次走で楽勝しているように、前走はかなりのハイレベル。幸い、今回はそこまで強い馬も見当たらないし、川田Jも確保できたので、前走以上は間違いないところ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【社台RH】の勝 負馬アンヴァルに確信の本命印。 1月のシルクロードS以来だが、今週の栗東坂路で自己ベストを更新する時計を マークと状態面は文句なし。「休養を挟んだ ことで馬に芯が入ってきた。体つきが大人になってきたし、追い切りの動きも申 し分なし。オープン特別のここは結果を出したい」と関係者。春には 大目標にしていた高松宮記念を賞金足らずで除外になった経緯。秋に大きい所を 目指す意味でも、ここは何が何でも賞金を加算したい1戦。

対抗には 【カナヤマHD】の勝負馬メイソンジュニア を抜擢。福島2歳S勝ちがある上に小倉で2勝と、平坦・小回りの短 距離戦がベストの舞台。「前走後は放牧を挟 んでこのレースを目標にしてきた。2歳時だけどオープンを勝ってるコースだし、 状態もいいのでチャンスは大きい」と関係者。



ブリンカー着用+川田起用で一変を目論んでいる【サンデーR】の勝負馬タンタラスに白羽の矢。「前走は序盤こそスムーズに運べたが、勝負所で外から次々に交わされヒルんでしまった。その後は成長を促す意味で放牧へ出してリフレッシュ。放牧先では500キロ以上にまで体が増え、栗東に帰厩後も大きな馬体減りもなく順調にきている。総額7000万円で募集した高馬を1勝馬クラスで終わらせる訳にはいかないからね」と関係者。

対抗にも【サンデーR】の勝負馬モアナアネラを推奨。「見た目は大きく変わっていないが、この2ヶ月で中身が変わってきた。中間は入念にゲート練習もしてきたので、今回はスタートも決まると思う。何とか秋華賞に間に合わせたいと思っている馬だけに、ここは昇級の古馬相手でも一発で決めておきたい」と関係者。



ここは【森保彦】オーナーの勝負馬シャインサンデーを狙い撃つ。近5戦すべて3着以内の安定感はメンバー中で一番。前走後はリフレッシュ放牧に出て【1-1-2-0】と相性抜群の福島芝1200mのココを目標に万全の仕上げ。「極端な道悪にならなければ大丈夫」と関係者。

対抗にはセレクトセール直前の今週は土日で合計11頭の大攻勢をかける【ノルマンディーTR】の勝負馬アイルチャームを推奨。「先週除外となったが、むしろ1本多く追えたのは好材料」と関係者。千直でもハナに行ける程のスピードの持ち主で、ポンと行ければ逃げ切り濃厚だ。



父ハーツクライの妹が【シルクR】の『2019年度・1歳募集馬リスト』に総額4000万円で名を連ねているブランノワール。妹の販売促進の意味も込めて先週の御在所特別(1勝クラス・中京芝1600m)に出走した兄ブレイニーランはキッチリ勝利。関係者も「兄に続け」と、2週連続での勝利を目指している。「前走後は成長を促す意味も込めて放牧に出し、先月14日に栗東へ帰厩。1週前の段階で9分どおり仕上がっており、最終追い切りに騎乗した川田Jの感触も上々。春にはオープンで差のない競馬をしていた馬だけに、1勝馬クラスなら、久々+古馬相手でも負けられないところ」と関係者。

対抗には、中央出戻り初戦の前走で2着に健闘した【キャロットF】の勝負馬ブルーメンクローネを推奨。「前走で体は14キロ減っていたが、まだ絞れる体つきだったし、休み明けとしてはあれくらいで丁度よかった。一度使って雰囲気はガラッと変わってきたし、叩き2走目で牝馬限定の今回はキッチリ決めてくれるでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【東京HR】にとって今週は勝負週。今週末の2日間には、先日発表された『2019年度新規募集馬』の販売促進の意味も含め、勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が複数スタンバイしている。

その中でも、父リアルインパクトの弟が募集馬リストに名を連ねているレッドアンシェルは、関係者の期待が大きな勝負馬。「初めてスプリント戦に挑戦した前走が圧巻の競馬。その前走が『生涯一番』とも言えるデキだったので当時には及ばないが、今回も力は出せる仕上がり。NHKマイルCで4着をはじめ重賞で何度も上位を争っている馬だし、ここに入っても見劣りはしない」と関係者。

対抗には【西山茂行】オーナーが、自身のブログでも「雨の道悪、望むところ」と綴っているセイウンコウセイを推奨。「高松宮記念の走りを見てもらえれば分かるように、中京の千二はベストの舞台。しかも、道悪は鬼。たとえ58キロだろうが休み明けだろうが、今回は負けてはいけないレースでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【石川達絵】オーナーの勝負馬キセキに確信の本命印。昨秋の毎日王冠で3着に好走して以降は完全復調。出遅れてしまった有馬記念こそ5着に敗れたものの、JCではアーモンドアイに真っ向勝負を挑みレコードを演出。前走の大阪杯でも2着と、菊花賞以来となるGI制覇が目前に迫っている。「正直、大阪杯の時が究極の仕上げだったので当時より少し落ちるのは確か。しかし、究極と言うのは120点を意味するもので、今回も100点までは仕上がっている。良い枠も引けた事だし、鞍上の性格を考えても恐らくハナに行くだろう。1コーナーの入りでシッカリ先頭に立てていれば、まず大丈夫」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬リスグラシューを抜擢。昨秋のエ女王杯を制してからは、牡馬一線級相手に差のない競馬。前走は香港で3着に敗れているが、勝ち時計の1分58秒8は従来のレコードをコンマ5秒上回る優秀なもの。2着のエグザルタントが次走で香港GIを勝っている事を考えても「価値ある3着」と言える。「この時期に競馬をするのは初めてだが、本当にタフな馬でカイバもバリバリ食べている。馬場や展開も向きそうだし、何より父親の来日でさらに手綱捌きが冴えているレーンが乗るのも心強い。最近はスタートが悪いので、最後入れになる大外枠を引けたのも大きいね」と関係者。

昨年の大阪杯でGI初制覇を飾ってからは煮え切らないレースの続いている【NICKS】の勝負馬スワーヴリチャードも侮れない存在。「5歳になって馬が大人になり、日本に帰ってきてからも非常に落ち着いている。右回りの外枠がプラスでないのは確かだが、スタートを決めて前目の位置を取れれば好勝負になると思うよ」と関係者。



ここは【シルクR】の勝負馬クレッセントムーンを狙い撃つ。休養前の前走で勝ち馬からコンマ4秒差の3着とクラスにメド。「前走後にソエが出たので無理せず放牧へ。先月16日に栗東トレセンへ帰厩し、坂路でキッチリ乗り込んできた。最終追い切りでは遅れたものの動きは良かったし、背中の動きがスムーズになり苦しさがなくなった。本格化は先だが素質は高く、500万なら古馬相手でもイキナリから勝ち負けになる」と関係者。

対抗には【飯田正剛】オーナーの勝負馬アヴァンセを推奨。「スタートの芝で行き脚がつかなかった上に、直線は左にササってまともに追えずの3着。それに、当時の東京ダートは内が優勢なコンディションで、上位2頭も内ラチ沿いを走っていた。右回りに替わってオールダートの今回は、間違いくパフォーマンスを上げられる」と関係者。



ここは【エンジェルR】の勝負馬キルロードの逃げ切り濃厚。「走りがワンペースで瞬発力を求められると辛いが、ジョッキーもそのあたりはよく分かっているし、ココまで相手が楽になって単騎で行けるとなれば、さすがに勝てるでしょう」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【社台RH】の勝負馬データヴァリューを抜擢。「障害帰りの前走が見せ場タップリの3着。ひと叩きの効果でデキも上向いているし、左回りは走りがスムーズ。芝スタートに戸惑わなければ勝ち負けになる」と関係者。



GI6連勝を目指しての出走となる【シルクR】の勝負馬アーモンドアイに確信の本命印。一部では、状態面や久々のマイルに対し色々と言われているが、関係者は「5月10日に美浦へ帰厩し、15日の追い切りでイキナリ抜群の動き。昨年のジャパンCの時が『これまでで一番』と言えるデキにあったが、今回は当時と遜色ない状態。ゲートに一抹の不安があるのは確かだが、多少の出遅れなら許容範囲。広く直線の長い東京コースなら、2400mより1600mの方が良いと思うよ」と雑音を一蹴。

対抗には、帰国初戦だったヴィクトリアMをひと叩きされ、思惑どおり上昇カーブを描いている【サンデーR】の勝負馬アエロリットを推奨。前走時は戦前より「フィジカル面での問題はないが、メンタル面で心配な部分がある」との評価。スタートもひと息で、ハナを奪うまでに脚を使い1000m通過56秒1の超ハイペースを演出。普通なら直線で失速し大敗してもおかしくないケースだが、自身も従来のレコードを更新する時計で駆け、勝ち馬からコンマ4秒差の5着に粘ったのは「さすが」のひと言。「前走で横山典Jが、シッカリ出して行ってくれたおかげで、馬がピリッとしてきた。馬体の張りも良く、状態は明らかに前走以上。土曜の結果を見ても分かるように、今の東京芝はインの先行馬が圧倒的に有利。これも味方に逃げ切りを狙いたい」と関係者。

重賞を制した舞台に戻り巻き返しを狙っているのが【シルクR】の勝負馬インディチャンプ。「プラス10キロの馬体が示すとおり、前走は中間に可愛がりすぎて太目が残ってしまった。今回は放牧先からスッキリした体で帰ってきたし、中間もビシッと追って悔いのない仕上げ。高速決着も望むところ。並居るGI馬相手でも大きな差はないと思っている」と関係者。



「馬主情報なら全てのレースを100%的中させられる」とは言いませんが、馬主の勝負に便乗した方が「間違いなく儲けられる筈!」と自信を持って断言します。

「買い」情報を配信して欲しいメールアドレスを入力し、【情報無料入手】のボタンを押して下さい。