金曜メルマガ・土曜のウォッチリスト【関係者情報から狙える厳選馬】でもお伝えしたとおり、当初は京王杯SCでママコチャに騎乗予定だった川田騎手。しかし、お目当ての馬が回避し一時は土曜東京での騎乗を見合わせる動きがあったものの、最終的に川田騎手が「あの馬がいるなら(乗りに)行きたい」と関係者に直訴した勝負馬がマキシです。

厩舎サイドは「この馬は(川田)ユウガ以外だと掛かってダメ。以前に東京でバシュロを乗せた時は酷かったからね」と名手の手綱を信頼。折り合いが課題も、デビュー当初から陣営内で「積んでいるエンジンはオープン級」と評価されていた素質馬から狙います!



3歳牡馬クラシック路線にジャンタルマンタル以外の手駒がいない社台RHサイドの意向により、前走は皐月賞に出走。しかし、予てから距離不安を感じていた川田騎手の懸念どおり3着に敗退。ハイペースで飛ばす流れを自ら勝ちに動いたとはいえ、残り200m過ぎでバッタリ脚が止まったのは“距離の壁”でしょう。

中2週で再度の遠征競馬も厩舎サイドは当初からNHKマイルC参戦を視野に入れており、高野師は「皐月賞が実質的な調教代わり。疲れは無いし勝ち負けできる状態にある。マイルなら強気の競馬で突き抜けられるはずだよ」と積極策で押し切る構えです!



サトノラクローヌの前走は、積極策で運んで3着も、佐々木騎手が「直線で手前を替えられませんでした」と悔やんでいたことを踏まえると上々の結果と言えるでしょう。

今回は、厩舎サイドも「いい決め手を持っているから東京が合っている。今の未勝利なら力は上だし勝ち負けを」とコース条件は好転。土曜5勝と好調のモレイラ騎手なら能力を発揮し切る騎乗が可能で軸に最適。

シンバーシアは「坂路中心の調教に変えたことで動きは良くなっています。ひと叩きした上積みもあるし、キッチリ巻き返したい」と上昇ムード。

日曜から復帰のルメール騎手に合わせてココになった経緯はありますが、前走後に「次は違った競馬ができるはず」と前進を見込んでいた1頭ですから、ガラリ変身を期待します。



自信の本命馬として阪神大賞典を圧勝したテーオーロイヤル。その際に陣営から「デキは2022年の天皇賞・春で3着した時よりも上。G2に使うのがもったいないし、次走まで“お釣り”が残っているかどうか…」と懸念の声が挙がっていたのを覚えているでしょうか。

ところが、1週前追いでは従来の自己ベストを0秒5更新する好時計。菱田騎手も「想定より1秒弱速くなりましたけど、状態は前回よりも良いくらいです」と相当な手応え。

これには陣営も「正直、前回がピークだと思っていた。でも、まだ“上”があったね(苦笑)。骨折で1年近く休んだことで逆に成長を促すことができたみたい。2年前とは中身が違うし、今回は自信を持って送り出せる」と驚きを隠せなかったほど。



デビュー当初から関係者の間で「シュガーハートの仔では兄キタサンブラック以来の“当たり”」と評され、偉大な兄の主戦を務めた武豊騎手も素質を絶賛するシュガークンのレースぶりに注目!

前走時は陣営が「ドロンコ馬場に引っ掛かったのか道中で落鉄。しかも勝負所でバカついてあの勝ちっぷりだからね。改めて能力の高さを再確認できた」と最敬礼したほど。

中間には先輩オープン馬を子供扱い。武豊騎手も「1頭になると前走みたくフワっとする面があるけど、併せる形だと反応が凄く良い。レースでも同じ走りができれば(日本ダービーの)権利は獲れるんじゃないかな」と、最低でも2着という口ぶり。



コガネノソラは2戦2勝と相性抜群の横山武騎手から、初騎乗となる石川裕騎手に乗り替わりは気になるところも、陣営は「(石川)ユキトも武史と話をしてクセは把握しているみたい。オープンに入っても能力はヒケを取らないし楽しみだよ」と、特別登録していた先週のフローラSを見送りメンバーが弱化したスイートピーSで必勝態勢。



陣営が「前走は出走レースを間違えた。2走前の結果から問題ないと判断したけど……。結果論になるが同じ週の日曜に組まれていた東京ダ1400mに使えば良かった」と反省の弁を口にするワケアリのエピックジョイ

この結果を受けて中間は東京ダ1400mの牝馬限定戦を目標に調整。G1裏開催で相手関係にも恵まれた。

また鞍上には永島まなみ騎手を配し、陣営は「最近はよく乗れているからね。より期待値を上げるための2キロ減。スムーズな競馬ができればチャンスはある」と、2ケタ着順大敗からガラリ一変を目論んでいる。



馬房が常にパンパンの友道厩舎がこの時期まで4歳未勝利馬を走らせるのも、初ダートの前走で大敗していながら川田騎手が継続騎乗するのも異例なアドマイヤソラ

厩舎に近い関係者からは「前走時は1週前でドウデュースに先着。調教の動きから厩舎サイドも『1勝クラスなら十分通用する』ってことで残しているみたい」との話。

前走の10着も「勝負所で他馬の進路を妨害した時点で追っていなかったように完全にヤラズ」。間隔をあけたことで状態は上向き、今回は「(川田)ユウガの進言でハミを交換する」とのマル秘情報もあり、前走で人気を落とすようなら黙って買いの1頭。

ダノンヒューマ陣営は「ここ2戦のように最内枠を引いて砂を被る形だとサッパリ。未勝利を勝った時みたく外枠から多少の距離ロスがあっても揉まれずスムーズな競馬をすれば1勝クラスでも通用する」と強気。8枠11番を引いた今回は好条件が揃った!



前走で4着だったティニアの前走は、厩舎サイドが「普段は掛かるくらいの馬が勝負所で押して押してだからね。中身の問題だよ」、戸崎騎手も「久々の分だけ多少余裕を感じました。叩いて良くなりそうな雰囲気の走りでしたし、今回は期待して良いと思います」と反撃ムード。

2着だった前々走でもモレイラ騎手が「このクラスはいつでも勝てる馬だよ」と太鼓判を押していた1頭。関東圏の2勝クラスなら好勝負必至!

ニシノコウダイは厩舎サイドが「前走は出遅れて後方から回って来ただけ。疲れは無いしクセを知ってる勝浦さんが中山にいるなら」と怒りの連闘策に踏み切った経緯あり。



アスコリピチェーノの北村宏騎手は桜花賞から逆算して復帰スケジュールを組み、栗東まで駆けつけて勝負仕上げを施すなど、勝負気配は出走馬の中でも1,2位を争うほどで「状態面、精神面とも不安はありません。馬の力を信じて乗れば、自然と結果は付いてくると思います」と自信満々。取りこぼせば乗り替わり濃厚なのはジョッキーとて百も承知。背水の陣で臨む渾身騎乗でG1連勝を狙う。

ステレンボッシュは陣営が「あの馬にはもう負けない」とアスコリピチェーノを名指しでライバル視。モレイラ騎手は21/22年シーズンにおける香港2位の実績で取得しているJRAの短期免許の資格を来年以降は満たせなくなる可能性がある中で『当該年または過去2年でJRAのG1競走を2勝以上』という規定をクリアするためにも勝負気配は高い。



前走はオープン級の爆速タイムで勝ち上がったリシャールケリーの相手探し。福島開幕週の芝1200mを目標に調整され、陣営も「スタートを決めてスピードを生かす競馬ができれば押し切れる」と連勝を狙っている。

そのライバルとなりそうなのが1週前追いで自己ベストを1秒2も短縮したハクサンパイオニア。これを見た厩舎サイドは「結果論だが、前走は使い詰めでデキ落ちしていた。立て直して良い状態で使えそう。4走前(現級2着)と同じ走りができれば勝ち負け」と一変ムード。



「前走の感じだと2000mに替わるのは良さそうだし、クラス2戦目で状態が上向いている今回は好勝負になる」と陣営が自信を深めていたコスモフリーゲン

同馬はマイネル軍団の個人馬主向け共同出資馬「コスモオーナーズ」所属ということもあり、馬主サイドの意向でジョッキーを起用できるのが特徴。クラブ馬のラフィアンと違い会員に気遣いを必要とせず、デビュー戦から柴田大騎手が続けて騎乗している理由でもあります。

この中間も付きっ切りで調整して勝負仕上げを施しており、「いつまでもチャンスを貰える立場では無いですからね。ここは決めておきたいです」と巻き返しに気合い十分。貴重な将来のオープン級お手馬死守のため“絶対に負けられない戦い”に挑みます!



G1の裏開催でリーディング上位騎手が不在。一年ぶりに木幡巧騎手に手が戻るミトノオー。陣営は「気性的に注文の付く馬だから普段から調教に乗っている巧也が1番分かっているはず。単騎逃げが見込めるメンバー構成、相性の良い舞台で巻き返し」と虎視眈々!

騎手、厩舎が今年未勝利と片目すら開かない状況で厩舎スタッフも「こんな状況だし馬主さんに色気を持たせたくなかったから公式の場では控えめなコメントに留めたけど、正直これは負けられないくらいの気持ち」と大駆けムードを漂わせています!



「パンとすれば条件戦に留まる馬じゃない」と期待が大きい未完の大器ホールネス。主戦を務める西村騎手も「本格化すれば上のクラスでもやれる馬です!」とキッパリ。3キロ増が嫌われるようなら馬券的にも絶好の狙い目です。

シーウィザードの前走(5着)はスムーズさを欠き、荻野極騎手もクビを覚悟していたそうですが無事継続騎乗。当然、巻き返しに燃えていいます。長期休養明けの反動はなく、現級実績もありますから上位評価は必須です。



前週の日曜中京7Rで揃って3,5着に敗退し、怒りの連闘に踏み切った2頭に注目!
直線で何度も前が壁になる場面があった◎アクートゥスは、レース後に鞍上も平謝り。陣営は「現級で通用することは分かったし、デキ落ちもない。スムーズなら好勝負」と巻き返しに意欲。
前走で◎に先着した○レオンバローズは「来週と迷ったけど、(想定段階で)手薄なココに。前走は掛かった分の差での負け。ソロソロ順番」と今度こその構え。 両馬ともしっかり好走し2頭軸マルチで万馬券的中!



主戦の菱田騎手が「一時のスランプは完全に脱しました。動きはめっちゃ良かったですよ。ここで良いレースをして天皇賞・春へ向かいたい」と異例のトーンで状態の良さを強調していた◎テーオーロイヤルが5馬身差の大楽勝!
前走で痛恨の不利がありながら3着だったワープスピード。陣営は「スムーズなら別定G2でも通用する」と巻き返しに燃えており、勝負の手綱を託された川田騎手の好騎乗も加わっての激走でした。



カネコメシスターは陣営が「良かれと思って使った1400mがダメだった」という前走から、今回は主戦の団野騎手も「1200mの方が合っています」「坂がある阪神の方がいいと思います」と進言したように気合の入る一戦。見事に結果で応えました!

低評価ながら3着に粘り込んだのがメイショウヒヅクリ。集中力を増すために前走からチークを着用。更に腕っぷしのある和田竜騎手へスイッチ&牝馬限定の平場戦という条件であれば軽くは扱えません。



ジェニファーの前走は「積極策の指示が裏目に出た」と敗因は明確。「この馬を分かっている」角田河騎手を続投。「新馬と同じだけ走れば勝てる組み合わせ。オーナーの期待馬でもあるから改めて期待したい」と陣営の思惑通りに完勝!

高配当馬券を演出したラムテリオスは、この時期特有の激走パターンに当てはまる初ダート組&乗れている減量騎手が上位評価の決め手になりました!



◎セレシオンは最終追い切りに跨ったジョッキーも好感触、「ここ2戦は展開のアヤみたいなところで負けている感じ。注文のつくタイプではあるが、このクラスを突破できる力は持っており、ソロソロ決めて欲しいね」と陣営。



◎ゴールドハイアーは前走後に「この競馬が次に繋がる」と横山和騎手。この中間も「休み明けになるが、●●●オフレコ情報●●●。脚質の幅も広がったし、積極的に乗るキングとも手が合うと思う」と盛り上がっている。



◎ムーヴは三浦騎手と手が合っていて抜群の安定感。「ひと叩きして状態は上向き。コース替わりは問題なく、今回は展開も向くはず。差し切りを期待」とメンバー構成を見ながら自信を含めている。





前走で騎乗した吉田豊Jが「今日はテンションが高かったので心配はあったが、レースでは折り合ってうまく運べた。最後は良い脚で伸びており、差す競馬が板についてきた」と手応えを掴んでいた【辻高史】オーナーの勝負馬カンパニョーラに孤高の本命印。テンに速い馬が揃いHペース必至の今回は一気の差し切りまで。不動の対抗には【サンデーR】の勝負馬エレガントムーンを推奨。「前走で㈫着と中山コースにもメド。間隔はあいたが、気のいいタイプなので、むしろその方が良い。馬を怖がる面があるので、外目の偶数枠を引けたのは何より。牝馬限定のここはキッチリ決めておきたい」と関係者。



初ダートだった4走前のBSN賞を2馬身差で快勝。続く、シリウスSでも㈪着に好走すると、JBCレディスクラシックでJpn1を制覇と、ダート転向で素質が開花した【中西浩一】オーナーの勝負馬アイコンテーラーに確信の本命印。前走のチャンピオンズC大敗については「そもそも相手が強かったし、砂を被って進みが悪かった」と、関係者は敗因を分析。今回は(ジョッキーのケガで実現しなかったものの)、本来は前走でもタッグを組む予定だった武豊Jを起用し、巻き返しを誓っている。「ハンデ57キロは想定内。シリウスSがそうだったように、このコース形態なら位置を取って運べるだろうし、デキも良いので前走のような事はないと思うよ」と、担当も力が入っている。

不動の対抗には【大八木信行】オーナーの勝負馬ダイシンピスケスを抜擢。逃げて2連勝と己の形を確立。今回も単騎が見込める組み合わせ。「心身のバランスが噛み合って、スタートが決まるようになったのが大きい。脚抜きの良い馬場も歓迎のクチ。自分のリズムで運べれば、3連勝も十分に可能」と関係者。



昇級後2戦連続㈪着と惜しい競馬の続く【ゴドルフィン】の勝負馬シラキヌが、今度こそ決める。「前走から中1週になるが、気難しい馬なので、変に間隔をあけるより詰めて使った方が良いタイプ。もちろん、馬がパンとして体調面も全く問題ない。前走で右回りもクリア。まだまだ上を目指せる馬だと思うので、ソロソロ決めて欲しいね」と関係者。

不動の対抗には【キャロットF】の勝負馬ストリンジェンドを推奨。昇級初戦の前走で㈪着とクラスにメド。しかも、直線でインを突いた勝ち馬に対し、馬場の真ん中をキッチリ伸びてのもの。「中間に短期放牧を挟んだが、緩めず乗り込んで好調をキープ。チークの効果で最後まで集中して走れるようになっており、今回も崩れる事はないでしょう」と関係者。



11ヶ月振りの出走でも「関係者が出たトコ勝ちを狙っている」との強力情報を入手した【横井良明】オーナーの勝負馬サラサハウプリティに孤高の本命印。元々は関係者が桜花賞を狙っていたほどの期待馬。残念ながら桜花賞出走とはならなかったものの、ファンタジーSとフィリーズRでも大きくは負けていない。「ダートは絶対に合うと思う。芝スタートで行き脚をつけて、砂を被らず前々で運べればアッサリまであって良い」と、担当も色気タップリ。ハヤブサマカオーにディーエスプルーフと、兄の勝ち鞍は全てダート戦。ここで一変の走りを見せる可能性は低くない。

不動の対抗には「鞍上の岩田望Jが土曜一番に星勘定している」との裏ネタも入っている【社台オーナーズ】の勝負馬プルートマスターを推奨。1年9ヶ月振りの前走は、抜群の行きっぷりで3番手を追走。直線では息が持たず伸び切れなかったものの、長期休養明けとしては上々の走り。「プラス16キロだった前走をひと叩きして、状態は確実に良くなっている。前走が『いかにも次は』と言う内容。展開的にもメンバー的にも、今回は勝ち負けでしょう」と関係者。



京都市内でクリニックを営む、バリバリの京都ご当地馬主で、京都金杯をコレペティトールで制し、初重賞制覇を飾った【加藤誠】オーナーの勝負馬サヴォーナに確信の本命印。神戸新聞杯で②着し権利を取ると、続く菊花賞でも⑤着に健闘。その後は放牧へ出して心身ともにリフレッシュ。今回は3ヶ月振りの実戦となるが「菊花賞当時と比べたら、だいぶ緩さが抜けて筋肉がついてきた。今年の活躍を期待している馬。ここを勝って天皇賞へ向かいたい」と、関係者は出たトコ勝ちを狙っている。鞍上の池添Jも高く評価しており、ここへの騎乗に間に合うように、昨年末には背中に入っていたボルトの除去手術を受け、文句ない仕上がりでこの一戦に臨む。

不動の対抗には【岡田牧雄】オーナーの勝負馬ブローザホーンを推奨。重賞初挑戦となった3走前の函館記念で、オールカーも制したローシャムパークからコンマ4秒差の③着に好走。負かした、マイネルウィルトス・ハヤヤッコ・ヤマニンサルバムが、その後に重賞で上位を争っているのだから価値が高い。続く札幌日経OPでは、後続に1秒差の大楽勝。期待された京都大賞典では、レース中に心房細動を発症し競走中止となり、今回は状態面が気になるところだが、関係者は「追い切り後には毎回、心電図を撮って問題ない事を確認している。落ち着いて走れるように、金曜には現地入りするなど対策もバッチリ」とデキに太鼓判。調教師の定年引退により、中野栄厩舎は2月一杯で解散となるだけに、今回は厩舎一丸となって渾身の仕上げを施している。



【ラフィアン】の勝負馬マイネルクリソーラに孤高の本命印。2走前のオクトーバーSでは⑥着に敗れたものの、逃げたヤマニンサルバムが勝ち、2番手追走のシルトホルンが②着、4番手追走のディープモンスターが③着と言う『行った行った』の展開の中で、後方13番手からメンバー最速の上り33.0秒を繰り出し⑥着まで追い上げる好内容。そして、前走のアンドロメダSでは、前日の降雨の影響で内の痛みが激しく、外を回した馬が上位を占める中で、1枠発走から外に出せずインを突いて伸びる価値ある内容の②着。「前走は馬場の良いところを通った馬に差されてしまったが、オープン2戦目で内容は格段に良くなっていた。その後はここを目標に順調な調整過程。スタートを決めて前々で流れに乗れれば重賞でも戦える」と関係者。右回りの周回コースには滅法強く、厩舎サイドも約4年半ぶりとなる重賞制覇に力が入っている。

不動の対抗には【ラ・メール】の勝負馬リカンカブールを抜擢。明け5歳にしてキャリア9戦と、体質が弱くなかなか使い込めずにいるが、3歳時には京都新聞杯④着に神戸新聞杯⑥着の実績。前走のチャレンジCでは⑦着に敗れたものの、スタートで躓き後方からの競馬を余儀なくされた上に、勝負所でフェーングロッテンに外から被せられ動くに動けないロスがありながら、ラストまでジリジリと脚を伸ばしていた。「出遅れた前走は仕方なし。それでもラストは良い脚を使っていたように成長は感じられる。内回りの2000mはベストの舞台。スタートを決めて流れに乗れれば一発ある」と関係者。1月5日が誕生日という事もあり、金杯には強い想いのある津村Jも、過去のレースをVTRで何度も見直し、3走前に同じ舞台で騎乗し勝利に導いた戸崎Jにアドバイスを求めるなど、2009年以来となる2度目の金杯制覇へ向け腕を撫している。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【社台RH】の勝負馬ジャンタルマンタルに確信の本命印。前走のデ杯2歳Sでは、3番手追走から直線早目に抜け出し、そのまま押し切る横綱相撲。レース後に鮫島駿Jは「デビュー前に調教に乗って、この馬で大きいところを、という気持ちで手綱を取らせてもらっています。将来性は高いですし、僕も成長できるよう頑張ります」と、大きな夢を語っていたが、厩舎サイドは初の牡馬によるGI制覇を目指し、鞍上を川田Jに強化し目イチの構え。「今週は、ジョッキーに上手くコンタクトを取ってもらう事に主眼をおいて、納得の追い切りができた。オンオフの切り替えがうまく、普段はリラックスしているが、競馬に行くとスイッチが入って真面目に走る。今回も持ち味である機動力が生かせる内枠を引けたし、GIでも勝ち負けになる」と関係者。

不動の対抗には『タガノ』の冠でお馴染み【八木良司】オーナーの勝負馬タガノエルピーダを推奨。キャリ1戦のみの牝馬だが、1.34.3の勝ち時計を含め新馬戦の数字が優秀。前半1000mは60.1秒のスローペースだったが、後半5Fを57.9秒でまとめラスト2Fも11.0−11.0の非減速ラップ。因みに、芝1600mの2歳新馬戦において、後半5F57秒以内かつラスト1F11.0秒以下で勝った馬は、過去にリバティアイランド・チェルヴィニア・タガノエルピーダの3頭のみ。先週の阪神JFを除外されてのスライド出走となるが、関係者は「放牧先で緩めて戻ってきたので、先週よりも今週の方が良いと思っていた。思惑どおり先週より一段ギアは上がっている。坂路で動く馬なので阪神へのコース替わりも心配ない」と強気の構え。かつてクロノジェネシスなども担当した厩舎イチの腕利きも「これはいいですよ」と色気タップリ。



【櫻井正】オーナーの勝負馬フィールザワールドに孤高の本命印。これまで東京ダート1400mを徹底的に使われ掲示板前後のレースが続いていたが、前走後に横山和Jは「うまく3、4角で射程圏に入れただけに、もうひと押しが欲しかったところですが…。今後は条件を替えてもいいのかもしれません」とコメント。その進言を受け今回は、はじめて中山ダート1200mに参戦。当人も「やってみないと分からない面もあるが、距離が短くなって最後まで伸びる可能性は低くないと思う」と腕を撫している。テンに速い馬が揃った今回は展開もお誂え向き。この人気なら狙ってみる価値はある。

不動の対抗には【森中啓子】オーナーの勝負馬シゲルファンノユメを推奨。初ダートとなった3走前こそ⑥着も、その後は関西馬相手に⑤②着と一歩ずつ前進。「ここ2走は直線が平坦な京都でよく追い込んでいる。直線に坂のある中山でこの相手なら差し切ってくれるでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬イクイノックスに確信の本命印。前走の天皇賞[秋]では、1000m通過57.7秒のハイペースを3番手で楽々追走し1.55.2のレコード勝ち。「スタートしてからいいポジションを取れますし、冷静に走れます。それにスタミナも十分あって、終いはいい脚を使ってくれます。完璧な馬です」とは、レース後のルメール。「前走後は多少の疲れもあったが、短期放牧に出してリフレッシュし反動はない。前走と同じか、それ以上の状態で出走できる」と関係者。優勝の際には1着賞金の5億円に加え、約3億円の褒賞金が入るだけに、クラブ関係者も目イチの構え。

不動の対抗には【サンデーR】の勝負馬リバティアイランドを推奨。前走の秋華賞では、外を回って早目に仕掛ける強引な競馬でアッサリ牝馬3冠を達成。鞍上の川田Jは「オークスの直線はジャパンCを見据えてのもの。アノ時点でジャパンCに行けると思っていた。決して急にジャパンCを目指した訳ではない」とコメント。今週の稽古ではCWコースでジョッキーを背に80.7秒をマーク。陣営はやり過ぎを心配したが、川田Jは「秋華賞の時より遥かに良い」と大絶賛。「ジョッキーがあんなに褒めるのははじめて。デキに関しては文句なし。古馬と4キロ差あるのは有利だし、自信を持って挑戦できる」と関係者。



【CHEVAL ATTACHE】の勝負馬シャンブルに確信の本命印。初ダートとなった3走前の甲州街道Sがハイレベル。勝ち馬ワールドタキオンはその後、エルムS②着に福島民友C①着。それだけでなく、当時の②③④着馬は、その後すぐにオープン入りを果たしている。「前走の⑦着は、ダートスタートでトモを滑らせ、落鉄したのが響いた格好。乾いたダートの方が合っていると思うし、慣れの見込める今回はパフォーマンスを上げられる」と関係者。

不動の対抗には【村田牧場】の勝負馬バグラダスを推奨。久々のダート戦となった前走が強い競馬。スタートから出して2番手を確保すると、抜群の手応えで直線に向き、後続に3馬身半差の大楽勝。「現状はダートが合っていると思うし、背腰が良くなっていた」とは、レース後の三浦J。今回も「あの内容ならここでも勝負になる」と星勘定。



【タマモ】の勝負馬タマモダイジョッキに確信の本命印。2度目のダート戦となった前走が圧巻の競馬。前半は行く気もなく後方からの競馬となったが、直線でインを突くと、ノーステッキのまま狭い所を突いて伸び、見事に差し切って見せた。「レース後すぐに武豊Jから『次も乗せて下さい』と打診があった。結局、ケガで騎乗できなくなってしまったけど、それくらい評価してくれたということ。代役がルメールなら不安はないし、クラスが上がった方が競馬はしやすいと思うので、連勝の可能性は十分にある」と関係者。

対抗には【小笹公也】オーナーの勝負馬テーオーステルスを推奨。前走の秋嶺ステークスでは③着に敗れたが、関係者が「不利が痛かった」と語っていたように、直線で両サイドから挟まれるロス。「ここに来て安定して力を出せるようになってきたし、ジョッキーも連続騎乗となる今回は、勝ち負けを期待したい」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬ドゥレッツァに確信の本命印。デビュー戦こそ③着も、2戦目にサトノグランツを負かして初勝利を飾ると、そのまま4連勝。しかも、全て上りは最速と全く底を見せていない。大外枠はマイナスだが、ルメールはオーソクレースとリアファルで8枠から馬券圏内にきており、大きく気に病む必要なし。「爪に不安のあった春先に無理をさせなかったのが奏功し、馬は順調に成長している。一気の相手強化に距離延長。初の関西輸送と、克服すべき課題は少なくないが、ポテンシャルはこの相手でもヒケを取らないと思うよ」と関係者。

不動の対抗には【社台RH】の勝負馬ソールオリエンスを推奨。前走のセントライト記念では②着に敗れたものの「外枠を引いた時点で無理しない事を決めていたし、勝負所で外に張られる不利もあったからね」と陣営に悲観の色はない。「中間は予定通りのメニューを消化し、体調については何も言う事がない。押して行かない限り掛かる馬ではないので距離延長にも不安はない。ジョッキーが普通の精神状態で落ち着いて乗ってくれれば勝てると思いますよ」と関係者。



【ディアレストC】の勝負馬シルトホルンに確信の本命印。今年のラジオNIKKEIはハイレベル。勝ち馬エルトンバローズは毎日王冠を制し、当時③着だったレーベンスティールはセントライト記念を勝っている。そこで②着だった同馬にも重賞ウィナーとなる資格あり。初の古馬相手でも別定55キロでリステッドのここは取りこぼせない。「良い手応えで直線に向きながら伸び切れなかった前走は、距離が1F長かった印象。長く良い脚を使えるので東京コースは合っており、1Fの距離短縮となるここは、巻き返しを期待したい」と関係者。

対抗には【DMMドリームC】の勝負馬ディープモンスターを推奨。距離が長すぎた前走の天皇賞(春)は完全に度外視できる一戦。2走前の金鯱賞にしても、直線で進路を無くすロス。ベストの2000m戦でリステッドとなるここは見直し必要。「5ヶ月半振りの実戦になるが、中間はシッカリ乗り込んでおり力を出せる仕上がり。今後の為にもキッチリ勝って賞金を加算しておきたい」と関係者。



【エムズレーシング】の勝負馬ハーパーに確信の本命印。新馬戦こそ②着惜敗も、未勝利→クインCを連勝すると、桜花賞④着・オークス②着とGIでも連続好走。その後は放牧に出され英気を養い「ぶっつけ本番」での調整が進められてきた。友道厩舎の牝馬と言えば、ジェンティルドンナが牝馬3冠を達成した際に、3冠全て②着だったヴィルシーナが思い出されるが「あの時もジェンティルドンナにはオークスで5馬身差つけられたが、秋華賞ではハナ差まで詰め寄った。京都の芝2000mは立ち回り次第で実力差を埋められる舞台。春よりも確実に成長しており、具合はもの凄く良い。多少の雨も問題なく、リバティアイランドを負かせるとしたらこの馬だと思うよ」と、関係者は一発を狙っている。

不動の対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬リバティアイランドを推奨。桜花賞は、とても届かないような位置から上り3F32.9秒の末脚で差し切り勝ち。一転、オークスでは、6番手追走からアッサリ抜け出し6馬身突き抜けて見せた。2.23.1の勝ち時計はラヴズオンリーユーに次ぐ、オークス史上2番目に速い好時計。「体はかなり増えていると思うが、予定通りのメニューを消化し力を出せる仕上がり。春の内容からしても同世代の牝馬とは勝負づけが済んだと思っている。スタートを決めて普通に回ってくれば、まず負ける事は無いでしょう」と関係者。



【金子真人HD】の勝負馬ママコチャに確信の本命印。マイル戦のターコイズSと阪神牝馬Sでは⑤⑨着に敗れたものの、1400mに距離を短縮した2走前の安土城Sで圧巻のパフォーマンスを披露すると、初のスプリント戦となった前走の北九州記念も好内容の②着。今回は鞍上を川田Jに強化し目イチの勝負気配。鮫島駿J→川田Jへの乗り替わりは大ヤリのサイン。過去3年間で連対率66.7%と、驚異の数字を叩き出している。「前走は敗れはしたが、折り合いもついて終いもシッカリ伸びた。最終追い切りの反応も良かったし、ジョッキーも好感触を掴んでいるようなので楽しみだね」と関係者。

不動の対抗には【奈村睦弘】オーナーの勝負馬ナムラクレアを推奨。今年のスプリント戦ではシルクロードS①着、高松宮記念②着、キーンランドC①着と崩れ知らず。「良い形で前哨戦を終え、その後も順調に来ている。先週ビシッと追って今週はリズム重視の調整。馬体にハリもあって状態面は文句なし。昨年のスプリンターズSは外を回るロスが響いた格好。最内枠を引けた今年はインでジックリと脚を溜めて、直線で弾けてくれると思うよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬ローシャムパークに確信の本命印。これまで【5.2.1.1】と全く底を見せておらず、唯一、馬券圏内を外した3走前のスピカSにしても『道悪』に加え『スタート後に挟まれる不利』と敗因は明確。前走の函館記念で初重賞制覇。インを突いた②③着馬に対し、4角で外を回って豪快に突き抜ける強い内容。「今日は重賞を勝つ事ができたが、大きな馬で段々強くなっている。まだまだ伸びしろがある」とは、レース後のルメール。「以前は体質が弱く大事に大事に使ってきたが、体質が強くなった事でレース後の回復も早くなり、強い攻めもできるようになった。相手は一気に強くなるが、チャンスは十分にあると思うよ」と関係者。

対抗には【山田弘】オーナーの勝負馬タイトルホルダーを推奨。一昨年に菊花賞を制し、昨年は天皇賞[春]と宝塚記念でGIを連勝。豪華メンバーが揃ったここでも実績は最右翼。その後、凱旋門賞と有馬記念では大敗を喫したが、今年初戦の日経賞を圧勝。前走の天皇賞[春]で競走中止となり、今回は5ヶ月振りの実戦となるが、1週前には余力十分に破格の時計を叩き出すなど状態面に不安なし。この馬の復帰に合わせてきた横山和Jも力が入っている。「この後にJCと有馬記念を使う予定なので目一杯には仕上げていないが、丁寧に走れるベースを作ってきたし、決して完走する事が目的ではない。力を出せる態勢は整っており、得意の中山で単騎が見込める上に、別定58キロとなれば、まず恥ずかしい競馬にはならないと思うよ」と関係者。



ここは【社台RH】の勝負馬メイクザビートに確信の本命印。1人気に支持された前走で⑦着に敗れたが、スタート前にゲートに潜ってしまい、キックバックを受けて位置取りが悪くなり、外をまくって進出するもラストは息切れと言うチグハグな競馬。今回はジョッキーの進言もありブリンカー着用。「パワー型なので良馬場の方が良いと思うし、1勝クラスを勝ち上がるだけの力は持っているので、改めて期待したい」と関係者。

対抗には【松岡隆雄】オーナーの勝負馬サンライズスコールを推奨。「小回りの1700mはベストの舞台。体質が強い馬ではないので、輸送のダメージが無いのも良い。堅実な反面、あと一押しが足りないが、そこはモレイラが補ってくれるでしょう」と関係者。



目下3連勝中と勢いに乗る【ゴドルフィン】の勝負馬エクセトラに確信の本命印。ルメールと初コンビを組んだ未勝利戦を勝ち上がると、約10ヶ月振りでプラス28キロの馬体だった復帰戦を見事に勝利。前走も8頭立てとは言え、直線でド真ん中を堂々と伸びる強い競馬。今回は久々の1200m戦となるが、2走前のレース後には「筋肉質でスプリンターのようになってきたので、今後は短い距離でも頑張ってくれると思う」とルメール。連勝を4に伸ばす可能性は低くはない。

対抗には、前走の⑦着から巻き返しを目論んでいる【ゴドルフィン】の勝負馬ブルースピリットを抜擢。その前走はスタートひと息で先行できず、外々を回るロスの多い競馬。2走前は現級で②着しているようにクラス通用の力はある。丹内Jの連続騎乗も心強い限りで、内枠+開幕馬場を活かして先行できれば粘り込み可能。



これまで何度もハイレベルレースとして紹介している昨年の端午ステークスを制した【前田幸治】オーナーの勝負馬リメイクに確信の本命印。距離の長かったユニコーンSでは⑥着に敗れたものの、昨年暮れのカペラSでは、直線で大外に持ち出されると、1頭だけ次元の違う脚で伸び②着に4馬身差と古馬を一蹴。今年は中東に遠征し③⑤着と勝てはしなかったものの、前走では出遅れながら勝ち馬にコンマ3秒差まで迫って見せた。「帰国初戦になるが、1週前の坂路で自己ベストを叩き出すなど、一発目から力を出せる仕上がりだよ」と関係者。どんな展開にも対応できる自在性もあり、58キロでも主役は譲れない。

対抗には、前走の京都競馬場グランドオープン記念を制した【早野誠】オーナーの勝負馬ドンフランキーを抜擢。前走は、初の1200m戦という事もありハナを奪うまでに時間を要したが、直線に入ると後続を再度突き放し2馬身差の大楽勝。2走前のコーラルSでは④着に敗れているが、先行馬総崩れの展開を考えれば「負けて強し」の内容。芝スタートのダート1400m戦はベスト条件。脚抜きの良い馬場状態で、阪神よりも圧倒的に前の組に有利な中京コースとなれば粘り込みも可能。



ここは【沼川一彦】オーナーの勝負馬ペプチドナイルに確信の本命印。前走の大沼ステークスでは好スタートからハナを奪い楽逃げに持ち込もうとしたところ、向正面でボイラーハウス、3角からディアセオリーに絡まれる厳しい競馬。それでも脚色は衰えず後続に3馬身差の快勝。「向正面で自分の判断ミスからちぐはぐな形になり、馬に負担をかけてしまいました。結果的に馬が強くて勝たせてもらいましたが、次に向けての調整段階のなかでの勝利は大きかったです」とは、レース後の富田。その富田が先約の関係で今回はプリティーチャンスに騎乗するため、藤岡佑のテン乗りとなるが、最終追い切りに跨り呼吸を合わせており、ハンデ57.5キロで単騎も見込めるとなれば勝ち負け濃厚。当然、本人も「土曜一番に星勘定している」との話。

対抗には、2走前の名古屋城S①着が優秀だった【GIレーシング】の勝負馬ルコルセールを推奨。当時の②〜⑤着馬および⑧着だったタイセイドレフォンまでが、その後に重賞やオープン特別で馬券に絡んでいる。前走の⑤着は、初の1400m+8枠と敗因はハッキリ。鮫島駿のテン乗りは気掛かりだが、スタートを決めて前々で流れに乗れば上位争い必至と判断する。「前走後は予定通り山元トレセンから直接函館入り。先週の段階ではイマイチだったが、今週は非常に良い動きで態勢は整っている。滞在効果で精神面も安定しており、ゲート練習も積んできたので、不安らしい不安はない」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【石川達絵&猪熊広次】オーナーにとって今週は勝負週。その中でも一番の目玉がビッグリボン。初重賞挑戦となった前走の福島牝馬Sでハナ差②着とメド。大阪杯②着に宝塚記念では2連連続②着と、兄キセキも得意にした阪神内回りコースで初重賞制覇を目指す。2週連続で稽古に跨った西村淳も「負けたくないし、負けられない」と腕を撫している。土曜の【東京11R】では、5人気の低評価ながら関係者から強力馬主情報を入手していた【猪熊広次】オーナーの勝負馬ヘラルドバローズに確信の本命印を打ち【馬連1点2580円・3連複5点2800円・3連単30点1万8800円】の完全的中をお届けした当社情報網も強力プッシュ。

対抗には、連覇を目指しての出走となる【ウイン】の勝負馬ウインマイティーを推奨。勝ち星からは1年遠ざかっているものの、京都大賞典はヴェラアズール・ボッケリーニに次いでの③着で、有馬記念はジャスティンパレス・ディープボンド・タイトルホルダー・ヴェラアズール・ボッケリーニに先着しての⑥着と、ここに入れば戦ってきた相手が違いすぎ。「転厩緒戦になるが、稽古の動きや馬体の張りは申し分ない。ハンデも許容範囲だし、今年も勝ち負けが期待できる」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【石川達絵&猪熊広次】オーナーにとって今週は勝負週。看板馬の重賞出走に合わせ、平場・特別戦にも複数の勝負馬を送り込んでいるが、このヘラルドバローズも、関係者が前走の⑭着から巻き返しを誓っている勝負馬。「前走はスタートから進んで行かず、砂を被って気持ちが萎えてしまった。阪神2000mで②着した2走前の内容からも距離延長は問題なし。ブリンカー着用に加え、外枠から砂被らず揉まれずに運べそうな今回は一変すると思うよ」と関係者。

対抗には【ダノックス】の勝負馬ダノンラスターを推奨。昇級初戦の前走でメンバー最速タイの上りでアタマ差②着とクラスにメド。ディクテオンとは対戦比較で分が悪いが1キロのハンデ差がついた今回は逆転も可能。「カイ食いが悪く胃薬を投与しているのは相変わらずだが、稽古では、悪い時に見せる左にモタれる面もなく動きは良い。この舞台なら、崩れる事は無いでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【三木正浩】オーナーの勝負馬ジャスティンカフェに確信の本命印。重賞勝ちこそないものの、昨秋の毎日王冠やマイルCSの走りを見ても、このメンバーに入れば大威張りの存在。「先週の安田記念は除外されたが、かなり早い段階からそうなるであろう事は分かっていたので、ここを目標にキッチリ調整できている。秋に再びGIを目指す為にも、ここはキッチリ勝って賞金を加算しておきたい」と関係者。土曜は函館で騎乗している横山和も、日曜はこの馬に騎乗するため、お手馬のジュビリーヘッドを蹴ってまで東京入り。1週前追い切りにも跨り感触を確かめ渾身騎乗を誓っている。

対抗には、デビューから11戦して馬券圏内を外したのがセントライト記念⑬着の1度だけと、抜群の安定感を誇る【寺田千代乃】オーナーの勝負馬マテンロウスカイを推奨。単騎が見込める上に絶好枠を引き当てたとなれば粘り込み濃厚。「道中でペースを緩めずに運び最後は差し返す根性も見せていた前走は上々の内容。中2週になるが馬は元気一杯。相手はもう一段強くなるが、ここでどれだけの競馬ができるか楽しみだね」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【社台RH】にとって今週は勝負週。今週末には『2023年度新規募集馬』の販売促進の意味も込め、勝利を義務付けられて出走する大ヤリ情報馬が複数スタンバイしているが、半妹『マルセリーナの22』が、牝馬ながら総額6000万円で『2023年度新規募集馬リスト』に名を連ねているヒートオンビートには、関係者も大きな期待を寄せている。「一昨年の目黒記念で②着、昨年のア共和国杯でも③着と、東京芝2500mは得意の舞台。重賞勝ちまで後一歩の歯がゆい競馬が続いているが、前走以上の状態にあるし、鞍上の手腕でひと押しに期待したい」と関係者。

対抗には【シルクR】の勝負馬サリエラを推奨。デビューから4戦3勝と底を見せておらず、上りは全て最速と非凡な決め手の持ち主。「成長を促す為に前走後は放牧へ出し、体は10キロ前後増えている。折り合い面から距離に不安もなく、凱旋門賞を本気で考えている馬なので、国内のG2で恥ずかしい競馬はできないよ」と関係者。



昨年のスプリングSを制し、皐月賞・日本ダービー・菊花賞と、3冠レース全てに出走した【村中徹】オーナーの勝負馬ビーアストニッシドに確信の本命印。皐月賞トライルを制した馬が、その後にクラシック路線を歩むのは当然の事だが、血統的にはやはりマイル前後がベスト。⑥着とは言え、シュネルマイスターやソウルラッシュらを相手にコンマ3秒差に踏み止まった前走内容が、それを裏付けている。「重賞の前走でも見せ場十分の内容。リステッドのここは取りこぼせない」と関係者。「鞍上の岩田康も『日曜一番に星勘定』している」との裏ネタも入っている。

対抗には【金子真人HD】の勝負馬ママコチャを推奨。条件戦ではマイルでも通用したが、ここ2走の内容を見ても距離は1400mがベスト。「前走は出遅れて掛かってしまう最悪の競馬。スタートを決めて流れに乗れば、巻き返してくれるでしょう」と関係者。



目下2連勝中と勢いに乗る【シルクR】の勝負馬カーペンタリアに確信の本命印。チーク着用で最後まで集中して走っていた前走が成長を感じさせる走り。「この中間はプールを併用したり、普段から長目に動かしたりと工夫しながらやってきたので、スクミもなく良い状態。最後まで集中して自分の力を出し切れれば、昇級でも十分に足りる」と関係者。

対抗には【サンデーR】の勝負馬ローシャムパークを推奨。セントライト記念でも③着に好走した実力馬。「前走は馬場が全て。その後はひと息入れて立て直し、2ヶ月振りでも力を出せる仕上がり。東京の良馬場ならキッチリ巻き返してくれるでしょう」と関係者。



「馬主情報なら全てのレースを100%的中させられる」とは言いませんが、馬主の勝負に便乗した方が「間違いなく儲けられる筈!」と自信を持って断言します。

「買い」情報を配信して欲しいメールアドレスを入力し、【情報無料入手】のボタンを押して下さい。