初心者でも、経験豊富な方でも、1点で馬券を買うことは、やろうと思えば誰でもできます。

的中した際の回収率が破格なので、ご自身でも1点に絞って買いたくなる時があるでしょうし、様々な情報会社から『1点勝負』の誘惑があるかも知れませんが、ハッキリと申し上げます。

【馬主の1点勝負情報】に
便乗した方が
何倍も当たって儲かる筈です。

その理由は簡単。馬主の立場を考えてみて下さい。

  • 馬主は、
    電話一本で関係者から真の情報を集められます。
  • 馬主は、
    権力を駆使して情報を集め堂々と馬券を買えます。
  • 馬主の中には、
    調教師や騎手を思い通りに動かすこともできる
    人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    マスコミに圧力をかけ
    印を動かすこともでる人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    JRAに対して影響力を持つ人物さえいます。

これだけの状況が揃っていれば「的中が大前提」と言えるような1点勝負情報があっても何ら不思議はありません。

その証拠に、馬主情報を専門に扱う【トップシークレット】では、ホボ毎週、1点勝負で会員の皆様に的中馬券をお届けしています。

昨年のチャンピオンズCで6馬身差の圧勝劇を演じた【小笹公也】オーナーの勝負馬テーオーケインズに確信の本命印。今回は帰国初戦に加え、59キロの酷量となるが「さすがに一発目から100%の仕上がりではないが、今週の坂路でも素軽い動きを見せており力を出せる仕上がり。目標は次でも、このメンバー相手に負けられない」と、関係者は自信満々。

対抗には、昨年の『みやこS』で初重賞制覇を果たすと、前走の『マーチS』でも、後方3番手から大外を捲って進出し、直線で豪快な差し切り勝ちと、ここにきて急激に力をつけてきた【松本好雄】オーナーの勝負馬メイショウハリオを推奨。「ひと叩きの効果でデキは上向き。前走は外を回って勝ったが、本来は馬群で闘志を燃やす戦法が合っている。昨年のチャンピオンズCではオーヴェルニュやスワーヴアラミスと互角に戦えており、成長した今ならテーオーケインズとの差も詰められると思うよ」と関係者。



ここは【シルクR】の勝負馬スカイグルーヴに確信の本命印。久々の重賞挑戦となった前走の京都牝馬Sで、メンバー最速の上りを繰り出し②着。勝ち馬ロータスランドは、続く高松宮記念で②着しているのだから価値がある。「負けはしたが、凄く良い内容だった」とレース後のルメール。これまで1400m戦では崩れ知らず。「最終追い切りでは内と外に挟まれる形でも怯まずシッカリ脚を伸ばしていた。メンタル面での成長も感じられ、動きに関しても1週ごとに確実に良化している。ベストの舞台となる今回は重賞制覇を成し遂げたい」と関係者。

対抗には、内が有利だった前走の高松宮記念で、大外枠スタートから唯一外を回って伸び⑤着と、能力の高さを改めて示した【名古屋競馬】の勝負馬メイケイエールを推奨。ファンタジーS以来の1400m戦となるが、折り合いに心境を見せ池添Jも手の内に入れている今なら心配無用。「古馬になって落ち着きが増し、コントロールも利くようになってきた。この後は休養を予定しており、今回はお釣りのない目イチの仕上げ。リズム良く運べる大外枠を引けたのも大きく、キッチリ勝て秋に備えたい」と関係者。



武豊Jの大ファンである事を公言している【キーファーズ】の松島正昭オーナーが「一緒にクラシックの表彰台に立ちたい」と意気込みを語る期待馬ドウデュースに確信の本命印。前走の弥生賞で②着と、デビューからの連勝は3でストップしてしまったが「4角でゴチャついた分の負け。内容には満足している」と関係者。この中間は、ひと叩きされた効果を感じさせる動き。「状態に関しては何も言う事なし。本当に乗りやすい馬で操縦性が高く、ジョッキーの評価もかなり高い。距離は2400mまで問題なくこなせると思うし、凱旋門賞へ向け夢が広がるレースを見せて欲しい」と、担当も力が入っている。

対抗には【鉄板1点勝負】として提供した前走の【共同通信杯[G3]】で本命印を打ち【馬連1点960円&3連単2万4280円】の完全的中をお届けした【サンデーR】の勝負馬ジオグリフを抜擢。勝ち馬の決め手には屈したものの、他馬より1キロ重い57キロを背負っての②着は、決して悲観する内容ではない。今回はルメールから福永への乗り替わりとなるが、中間の稽古に跨り、その後も厩舎関係者と入念な打ち合わせをするなど影響は最小限。札幌2歳S①着で小回りコースも経験しており、初めての中山にも対応可能。「状態は明らかに前走以上。難しい馬ではないので乗り替わりも心配ない。ノド鳴りもレースに影響する程のものではないし、このメンバー相手でも互角以上に戦える」と関係者。



菊花賞で逃げて5馬身差の圧勝劇を演じた【山田弘】オーナーの勝負馬タイトルホルダーに確信の本命印。有馬記念では⑤着に敗れたものの、2番手追走から一旦は先頭に立つ見せ場タップリの競馬。6着以下に3馬身差つけた内容は立派と言える。これまで大きく崩れたのは直線でドン詰まりだったセントライト記念だけ。デビューから9戦中6走しているように中山コースは庭。状態面に不安がない限り中心不動。

対抗には【金子真人HD】の勝負馬ボッケリーニを抜擢。勝ち味に遅い点は否めぬも、前走のAJCCは初めての2200m戦で③着、2走前の中日新聞杯ではトップハンデで④着と重賞で上位争い。今回はさらに距離延長となるが「折り合いい面に不安のなくなった今なら大丈夫」と関係者。



昨年の勝ち馬で、続く天皇賞[春]でも②着に健闘。【馬連1点940円・3連単1万1490円】の完全的中をお届けした【前田晋二】オーナーの勝負馬ディープボンドに確信の本命印。海外帰りだった前走の有馬記念でも、エフフォーリアからコンマ1秒差の②着と、ここでは力が一枚も二枚も上。人気でも逆らえず相手探しの一戦。「これまでは気難しい面もあったが、海外遠征を経験してからはドッシリとして、心身ともに成長した。順調すぎて逆に心配になるくらい。キッチリ勝って天皇賞に向かいたい」と、関係者も自信満々。

対抗には、前々で運ぶ積極的な競馬から、他の有力馬より早目に仕掛けての粘り込みを狙う【猪熊広次】オーナーの勝負馬アイアンバローズを抜擢。前走のステイヤーズSでは、途中からハナを奪うジョッキーの好判断もあり②着に健闘。「前走は何も行かなかったから行っただけで、自分のリズムでさえ走れれば、逃げなくても大丈夫。2月上旬からジックリ乗り込んできたので力は出せる仕上がり。大目標の天皇賞へ向け、良い競馬を期待したい」と関係者。



4連勝の勢いに乗じて一気の重賞勝ちを狙っている【前原敏行】オーナーの勝負馬ジャックドールに鉄板の本命印。前走の勝ち時計1.57.4は、エフフォーリアが勝った昨秋の天皇賞[秋]をコンマ5秒上回り、過去10年の白富士Sで最速。次に速かったのが昨年のポタジェで1.59.0なのだから図抜けている。この比較から重賞のここでもイキナリ通用の計算は成り立つ。同型も複数いるがテンのスピードはこの馬が一番。開幕週の馬場と絶好枠を味方に、逃げ切りの可能性も十分。

対抗には、デビューから無傷の6連勝でGI制覇を飾った昨年の大阪杯以降、勝ち星から見放されている【キャロットF】の勝負馬レイパパレを抜擢。前走の香港Cはカイ食いが細く、まともに追い切りができない状態だった上に、レースでも出遅れて全く力を出し切れず。一転、今回は「過去一番カイ食いが良く、今までは乗り込みも慎重だったが、今回はキッチリ攻めて筋肉の張りも良い。数字的には大きく増えている訳ではないが、今回はこれまでと中身が全然違う」と、陣営はデキに胸を張る。ジャックドールが作り出すであろうタイトなペースも、この馬に味方するものと見る。



前走のサンシャシンSでも確信の本命印を打ち、対抗に抜擢したロードベイリーフとの決着で、驚愕の【馬連1点・4950円的中】をお届けした【キャロットF】のジュビリーヘッドからもう一丁。2戦連続でハナ差の②着とクラス卒業は目前。前走時は坂路で一杯に追われ54.3秒だった最終追い切りも、今回は軽く仕掛けられただけで52.5秒をマークと、デキは前走以上。「手綱の戻った横山和も今週一番に星勘定している」との裏ネタも入っている。

対抗には【ミルファーム】の勝負馬トキメキを抜擢。前走のサンシャシンSでは、勝ち馬からコンマ2秒差の⑤着。しかも、『イン前』を通った馬が上位を独占した中で、スタートで挟まれ位置取りが悪くなり、そこから終始外々を回らされるロスの多い競馬を強いられてのもの。コチラにも「連続騎乗となる松岡も土曜一番に星勘定している」との裏ネタあり。



デビューから3連勝で朝日杯FS[G1]を制した【キーファーズ】の勝負馬ドウデュースに鉄板の本命印。3連勝中2勝が1800m戦でのもので、父ハーツクライという血統背景からも距離延長に不安はない。「とにかく操縦性が高い馬で精神的にもドッシリしている。追い切りの動きも文句なく、賞金は足りているが、ここでもキッチリ結果を残して本番へ向かいたい」と関係者。

対抗には、ドウデュース・ジオグリフ・アサヒと言った世代の一線級相手に差のない競馬を続けている【廣崎利洋HD】の勝負馬アスクビクターモアを推奨。2020年のセレクトセールで1億8700万円で落札された高馬だけに関係者の期待も大きく「前走は1周まるまる力んでいたが、何とか勝ち切ってくれた。この中間はリラックスさせる事に重点を置いて単走で調整。実戦での折り合いがカギになるが、スムーズに流れに乗ればチャンスあり」と力が入っている。



ここは【前田幸治】オーナーの勝負馬ヴォワドアンジェを狙い撃つ。前走の⑦着については「短期放牧を挟みつつ勝ってきた馬が、最近は在厩で調整しており、前走時はその疲れがあった」と関係者。この中間は短期放牧を挟んで立て直し。得意の阪神コースで川田Jへの鞍上強化と、今回は買い材料がズラリ。

対抗には【原田豊】オーナーの勝負馬ロッキーサンダーを推奨。強すぎた勝ち馬には完敗の前走だが②着とはクビ差。2走後に瀬戸Sを勝ち上がるハヤブサナンデクンや、同レースにも出走しているハンディーズピークには先着を果たしている。「エンジンのかかりが遅く器用さに欠けるので、阪神でこその馬。間隔はあいたが中間は攻めを強化し仕上がりも上々。前走と同じだけ走れば、勝ち負けになるでしょう」と関係者。



4940円的中をお届けした土曜のクイーンC[G3]をプレサージュリフトで制した【サンデーR&木村厩舎】が、土日連続重賞制覇を狙って送り込んでいるジオグリフに鉄板の本命印。前走の朝日杯FSでは⑤着に敗れたが、スタートから流れに乗れず、いかにもマイルが忙しかった印象。「この中間は放牧を挟んで1月下旬に帰厩。1週前の時点では良化の余地を残す感じだったが、シッカリ追った今週の追い切りでキッチリ仕上がった。ノドの状態も悪化しておらず、府中の千八ならまとめて差し切てくれるでしょう」と関係者。

対抗には、2019年のセレクトセールで【ダノックス】が1億7280万円で落札した期待馬ダノンベルーガを抜擢。デビュー戦は少頭数の新馬戦らしく、1000m通過が1.02.4と遅い流れだったが、難なく中団を追走すると、直線では1頭だけ次元の違う脚で差し切って見せた。「帰厩直後は毛ヅヤやハリがイマイチだったが、乗り込んでいくうちに良くなってきた。ウィークポイントの右トモをケアしながらの調整だが、ポテンシャルはここに入ってもヒケを取らないよ」と関係者。



7ヶ月振りの実戦で転厩緒戦ながらキッチリ仕上がってきた【安原浩司】オーナーの勝負馬アルドーレに白羽の矢。中京のダート1900m戦では、これまで3走して3勝クラス勝ちに重賞でも⑥④着の実績。オーヴェルニュ・ストロングライン・ウェルカムゴールドなど、この舞台で多くの活躍馬を輩出している西村厩舎に転厩してきたもの頷ける。「転厩馬で掴みづらい面もあったので、今年の初めから入厩させてジックリ調整してきた。また、今回は以前に結果の出ていたブリンカーも再着用する。オープンでやれる力は持っているし、このジョッキーならインを狙ってくれると思うので楽しみだね」と、関係者もイキナリからの構え。

対抗には【前田葉子】オーナーの勝負馬ニューモニュメントを推奨。以前は1400mで実績を残していたが、2走前に2000m戦で④着すると、前走では別定57キロを背負って1700m戦で②着。「小回りの前走で早目に動いて②着と、ここにきて器用さが加わりレースに幅が出てきた。中間も順調にきており、得意の中京で武豊騎乗となれば、もうひと押しがあっていい」と関係者。



デアリングタクトの活躍もあり、一昨年に一気の飛躍を遂げた杉山晴厩舎。昨年も年間37勝をマークしリーディング11位。馬主の間でも注目度は益々高まっており、ノーザンFとのパイプも年々太くなっている。そんな杉山晴厩舎から「前走後はここ1本に照準を絞り調整してきたので状態面はバッチリ。キッチリ勝ってフェブラリーSに向かいたい」との声も聞こえているのが【森中蕃】オーナーの勝負馬ブルベアイリーデ。以前は1400m戦を中心に使われていたが、BSN賞①着後にデムーロが「年齢を重ねた今では1400mは忙しい感じがしていた。距離を延ばした事が良い方に出た」と語っていたように、現状では1800mがベスト。午後からは雨の予報も出ているが、重〜雨量では5戦パーフェクト連対と脚抜きの良い馬場になっても大丈夫。昨年末のターコイズSをミスニューヨークで制した『杉山晴&デムーロ』のコンビが、再び重賞を勝ち獲るものと見る。

対抗には【杉山忠国】オーナーの勝負馬オーヴェルニュを推奨。前走のチャンピオンズCでは、いつもより一列後ろの位置取りとなり、初めて揉まれる厳しい競馬だったが、最後まで諦めず⑥着に健闘して見せた。「団野への乗り替わりにも不安なし」とまでは言い切れないが「1週前追い切りに跨って癖は掴めたようだし、3番手くらいをスッと取れればチャンスは大きい」と関係者。得意の中京コースなら、まず崩れない。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬ジュビリーヘッドを狙い撃つ。千四に距離を延ばした2走前こそ⑮着大敗も、千二に戻した前走ではハナ差②着と、キッチリ変わり身を見せた。「実質、中1週での競馬になるが、坂路で上々の動きを見せており、状態面に不安はない。前走が勝ちにも等しい好内容。今回も勝ち負けでしょう」と関係者。

対抗には【ロードHC】の勝負馬ロードベイリーフを抜擢。森田厩舎がルメールを起用するのは、2019年11月17日以来2年2ヶ月振り。この事ひとつ取っただけでも勝負度合いの高さが窺える。「3走前は不得手な左回りで、2走前は直線でまともに追えず。右回りで不利なく回ってくれば、前走くらいやれて当然の馬。阪神で勝ち鞍があるように坂も心配なく、スムーズに運べれば上位争いでしょう」と関係者。



ルメールを配し確勝を期している【浦邊輝實】オーナーの勝負馬キミワテルで中心は揺るがない。昇級戦の前走は、抜群のスタートを切るも内から馬が殺到し、外々を回らされるロスの大きい競馬。「このままではいかん」と、鞍上が早目に動いた為に、ラストは勝ち馬に差し切られてしまったものの、一番強い競馬をしていたのはこの馬だった。クラス2走目で鞍上強化となれば、前進こそあれ後退なし。

対抗には、牧場サイドからプッシュもあった【森保彦】オーナーの勝負馬タケルラスティを抜擢。古川奈から坂井瑠への鞍上強化となった前走で③着。「能力の高い馬だし、まともなジョッキーが乗ればあれくらいは走れて当然の馬」と関係者。ハイペースを先行し③着に粘った前走内容が優秀。千二への距離短縮も問題なく、スタートさえヘグらなければ好勝負。



鞍上にCデムーロを迎え、前走のマイルCS⑬着から一変を目論んでいる【サンデーR】の勝負馬グレナディアガーズを見直す手。「稽古までは良かった前走だが、レースに行ったら入れ込みが酷かった。煮詰めるとダメな馬なので、この中間もソフト調整。千四の方がレースはしやすいし、阪神の内回りはピッタリ。平常心で臨めれば巻き返し可能」と関係者。

対抗には、連覇を目指しての出走となる【ダノックス】の勝負馬ダノンファンタジーを推奨。全7勝中6勝を阪神で上げている現役屈指の阪神巧者。前走のスワンSも快勝と1400mは最も得意。「阪神JFも勝っているように冬の阪神では、とにかく走る。スタートを五分に決めれば連覇も十分に可能」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【サンデーR】にとって今週は勝負週。看板馬ジオグリフの朝日杯FS出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬を出走させているが、姉にソングラインがいるティーガーデンも、関係者が連勝を期待している勝負馬。実はこの馬、鞍上の横山武もお気に入りの1頭で、最終追い切り後には「凄く良かったですよ」と満面の笑み。実際、中間の稽古では古馬を煽る動きを見せており、昇級のここでもイキナリから戦える。

対抗には【キャロットF】の勝負馬アンクロワを抜擢。番手追走から直線でスッと抜け出し後続に2馬身半差つけたデビュー戦が上々の内容。しかも当時は「7分くらいの仕上がりだった」と言うのだから恐れ入る。「そこからひと息入れて馬は確実に良くなっている。稽古の動きからしても走る馬である事は間違いない。気性的に少し難しい所はあるが、そこさえコントロールできれば好勝負」と関係者。



今回が初めての千二となる【原禮子】オーナーの勝負馬オメガレインボーを狙い撃つ。今回は横山和から岩田康へ乗り替わりとなるが、実はこれには、「ダークペイジの阪神JF出走が決まった後に、オメガレインボーのカペラS参戦が決まり、横山和サイドは何とかコチラに乗れるよう調整を試みたが、上手くいかず無念の乗り替わり」と言う経緯あり。「このメンバーならハイぺースになる事は間違いなく、嵌れば突き抜けるシーンまでありますよ」と、関係者も色気タップリ。

対抗には【蓑島竜一】オーナーの勝負馬リュウノユキナを推奨。千四で出遅れた前走の④着は度外視。乗り替わりがプラスでない事は確かだが、石橋脩も稽古に跨り癖を掴んでおり、ベストの中山千二となれば巻き返し必至。「難しい馬ではないし、内枠でも大丈夫。スムーズに走らせる事が出来れば、勝ち負けになる」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【前田晋二】オーナーの勝負馬コントレイルに確信の本命印。レース当日に引退式が行われる事もあり、陣営は目イチの仕上げを敢行。1週前にCWコースで自己ベストを叩き出したかと思えば、坂路での最終追い切りでも軽快な動きを披露。「レース当週まで出否を迷っていた昨年とは雲泥の差。中3週でも回復が早く、攻めの調整ができた。プール調教を取り入れた効果で馬はリラックスしている。最後に3冠馬の強さを見せつけたい」と、関係者も自信満々。

対抗には、アルゼンチン共和国杯の連覇も含め東京のG2を3勝している【シルクR】の勝負馬オーソリティを推奨。実は鞍上のルメール、一旦はアリストテレスとのコンビでジャパンC出走が内定していたのだが、アルゼンチン共和国杯後に、丁重に断りを入れ同馬に騎乗する事となった経緯あり。前走から中2週と、初めて間隔を詰めて使う今回、状態面が気になるところだが、関係者は「レース後のダメージもなく、ここまで順調に調整を進める事ができた。中身や体つきを見ても元気一杯。コンディション面には何の心配もない」とデキに胸を張る。ジャパンCと同じ舞台で行われた土曜の【東京7R】では、トゥーフェイスを2番手追走から勝利へ導いたルメール。ここも同じようなイメージで早目先頭からの押し切りを狙う。



前走で漸く未勝利を脱出した【GリビエールR】の勝負馬アサヒを狙い撃つ。初勝利までに3戦を要したが、デビュー戦の勝ち馬ジオグリフは札幌2歳Sも4馬身差で圧勝と相手が悪く、前走は出遅れた上に大外をブン回す大味な競馬と、それぞれに必然の敗因あり。前走は9頭立てで相手も弱かったが、鞍上の田辺が競馬を教える事を強く意識したレース。道中はインでジックリ我慢させ、直線では何度か馬群に突っ込ませながら、ラストは大外に持ち出して、ほとんど追うところなく差し切って見せた。この舞台を2度経験しているのも大きな強味。重賞のここでも切れ味は十分に通用する。

対抗には【シルクR】の勝負馬イクイノックスを推奨。新馬戦を6馬身差で圧勝。勝ち時計1.47.4は4回新潟開催で2番目に速い優秀なもの。それを、ノーステッキのまま楽々と叩き出したのだから能力は相当。「今日は全部が良かった。トビが大きくて能力があり、伸びしろもあるので今後が凄く楽しみ」と、ルメールも絶賛のコメント。先週はボーデン、今週はマイルCSに出走するダーリントンホールと、厩舎の先輩相手にキッチリ併せ馬を消化し力を出せる仕上がり。ルメールの連続騎乗となれば、まず勝ち負け。



確信の本命馬サトノウィザードと、不動の対抗馬ソングラインの決着で【馬連1点・3340円的中】をお届けした【富士S[G2]】や、シュネルマイスターから的中馬券をお届けした【毎日王冠[G2]】の結果からもお分かりのように、今年のNHKマイルCは非常にハイレベル。そのNHKマイルCで、最後方のような位置取りからメンバー最速の上りを繰り出し4着まで追い込んだ【安原浩司】オーナーの勝負馬リッケンバッカーに確信の本命印。休み明けの前走でも本命推奨したが、気難しさを出して発走地点に向かわず、スタートでも躓いて流れに乗れない不完全燃焼の競馬。「中間はゲート練習も入念にやってきたし、今回はハミも換えて返し馬も工夫をする。ゲートまで普通に辿り着いて、五分に出れば勝ち負けになる」と、関係者も巻き返しを誓っている。

対抗には【社台オーナーズ】の勝負馬ランドオブリバティを推奨。こちらも、本命推奨した前走で全く力を発揮できなかったクチ。好スタートから道中は4〜5番手でピタリと折り合い、手応え十分のまま直線に向くも、そこから前が塞がって何もできないままゴール。あれが力負けでない事は誰の目にも明らか。「全く追えなかったので馬に疲れはない。稽古でも弾むようなフットワークを見せており、体調面に不安はない」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【キャロットF】にとって今週は勝負週。看板馬のGI出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬を送り込んでいるが、このヴィジュネルも関係者が星勘定している1頭。左回りの千四はベストの舞台。休み明けをひと叩きされ順当に良化。「この中間は好走した前走と同じパターンで調整。前走以上の状態で送り出せる。まだまだ上を目指せる馬だと思っているので、今回はキッチリ決めておきたい」と関係者。

対抗には、東京ご当地馬主【青芝商事】の勝負馬グレイイングリーンを推奨。【馬連1点1320円・3連単8960円&7980円】の完全的中をお届けした休養前の豊栄特別ではヴィジュネルと1着同着。今回は、それ以来3ヶ月半振りの実戦となるが、中間はコースでもシッカリ追われイキナリから力を出せる仕上がり。「使い込むよりフレッシュな時の方が良いタイプ。前走は早目に抜け出してソラを使った分の同着。今回はスッキリ勝ちたいね」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【シルクR】にとって今週は勝負週。その中でも『シルクR・木村厩舎・ルメール』のトリオで臨む日曜の3鞍は「すべてが勝負鞍」と見て、まず間違いない。もちろん、このジュリオも、関係者がダート替わりで一発を目論んでいる勝負馬。担当も「初めてのダート戦になるが、パワータイプだし、調教の走りからも適性は高いと思う。ここで走れば次は人気でしょうし、狙うなら今回だと思いますよ」と色気タップリ。

対抗には、東京ご当地馬主【猪熊広次】オーナーの勝負馬ハリーバローズを推奨。実は【猪熊広次】オーナーは、在厩馬14頭中7頭が出走と今週勝負掛かり。土曜はヘラルドバローズとアーマーバローズで2勝をマーク。ア共和国杯にはアイアンバローズを出走させいるが、関係者からは「もちろん重賞なので期待しているが、より自信があるのはコッチ」との声も聞こえている。前走は超のつくハイペースを3番手追走し、早目先頭から残り50m付近までそれを死守。結果4着に敗れたものの、差し馬が上位を独占する展開だった事を考えれば、内容は高く評価できる。前走ほどの激流にはならないであろう今回は圏内まで。



休み明け+昇級の前走で確信の本命印を打ち【3連単2万8240円的中】をお届けした【近藤旬子】オーナーの勝負馬アドマイヤルプスからもう一丁。今回は前走の再戦ムード漂う一戦だが、そこで後続に3馬身半の差をつけて2着だったのだから普通に順番。最終追い切りには前走時同様に西村太が跨り、土曜の東京8Rを勝ち上がったアンダープロットと併せ馬を消化し追走先着。「前走は勝ち馬に楽な展開だったし、休み明けの分だけ捕え切れなかったが、叩いて諸々良くなっている今回は、キッチリ勝ち切ってくれるでしょう」と関係者。

対抗には【ロードHC】の勝負馬ロードレイラインを推奨。新潟のダート千二で2連勝してきた馬だが、その何れもが4馬身差の大楽勝。特に、前走の勝ち時計は同開催の3勝クラスと同タイムという非常に優秀なもの。まだまだ余力のあった走りや折り合いのつく気性面から、東京の千四に替わってもピタリと止まるシーンは考えづらい。2ヶ月振りの実戦になるが、2週連続で三浦が稽古に跨り一発目から勝負の仕上げ。先行馬が少なく、ハナもしくは番手からスンナリ流れに乗れそうなここは、3連勝の可能性も十分。



4回東京開催の芝は、開幕週から差しが利いており、上りの速い馬の活躍が目立つ。先週土曜に行われた芝のレースでは、上り最速馬が7戦中6連対。稍重で行われた日曜は、5鞍全てが『上り最速馬と逃げ馬』での決着だった。金曜の雨に加え、引き続きのAコース使用となれば、この傾向は変わらないものと推測できる。

このような馬場傾向も加味した上で【サトミHC】の勝負馬サトノウィザードを狙い撃つ。前走は転厩初戦に加え6ヶ月振りで+16キロの馬体重。ブリンカーも外すなど厩舎サイドは手探りの状態。しかも、これまで結果の出ていなかった左回りだっただけに、関係者も半信半疑であったが、レースでは、ほぼ最後方の位置取りから直線で大外に持ち出すと、インでの激しい2着争いを尻目に、メンバー最速の上りで突き抜けて見せた。過去5戦5連対と相性抜群の福永から乗り替わりとなるが、代役が先週アカイトリノムスメで秋華賞を制し勢いに乗る戸崎で、1週前追い切りに跨り感触を確かめているとなれば、大きなマイナス要素ではない。マイルへの短縮にも不安はなく、一気の相手強化となるが、転厩2戦目となる今回は、この馬自身さらにパフォーマンスを上げてくる可能性が高い。ほぼ毎回出遅れているこの馬にとっては大外枠も歓迎のクチ。スローからの決め手比べとなりそうな展開も味方。この人気なら、狙ってみる価値はある。

対抗には【サンデーR】の勝負馬ソングラインを推奨。【3連単2万1180円的中】をお届けしたNHKマイルCが非常に優秀。その時マークした東京芝1600m1.31.6の走破時計は、古馬相手のここでもナンバーワン。最後にモタれた分だけ交わされたものの、早目先頭からシュネルマイスターとハナ差と内容も濃い。それだけに、前走の関屋記念3着には不満も残るが、スタート直後にクリスティに前をカットされ、その後もカラテの徹底マークに遭っていた事を考えれば情状酌量の余地あり。今回は2ヶ月振りの実戦となるが「立ち振る舞いが堂々としてきて、心身ともに成長が窺える。前走時よりシッカリ負荷をかけ、良い状態でレースに臨める」と関係者。



ベストの舞台に戻った【サンデーR】の勝負馬グランパラディーゾがキッチリ決める。先週は、想定段階で名前のなかった馬の投票が木曜になって相次ぎ除外の憂き目に遭ったが、今週の稽古でも軽快な動きを見せており、その影響はないものと判断できる。前走は3着に敗れたが、勝ったシャマルは4戦3勝の素質馬で、2着のララクリュサオルも2勝クラスを突破。しかも、この馬にとっては忙しい1200m戦でのもの。相手も大幅に楽になったココは取りこぼせない一戦。

対抗には、武豊とのタッグ再結成で勝負気配漂う【沖田正憲】オーナーの勝負馬シャークスポットを推奨。東京は初めてだが中京での走りを見ても、現状では左回りの千四がベストと判断できる。前走は強かった勝ち馬にこそコンマ5秒差離されたものの、2着とはハナ+クビ差とクラスにもメド。砂を被っても全く怯まず、直線では比較的インを突いてジリジリ脚を伸ばす戦法を得意としてるこの馬にとって、2枠4番は願ったり叶ったり。叩き2走目で鞍上強化となる今回、致命的な出遅れさえなければ圏内まで。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬ジェラルディーナに鉄板の本命印。今年は秋華賞が阪神内回りで行われる為にフルゲートが16頭。しかも、賞金のハードルが非常に高く2勝馬では抽選対象にすらなれなかったが、一時は福永が「この馬で秋華賞に向かいたい」と口にしていた程の逸材。「道中は後方で我慢し、4角から大外をブン回して2着馬を並ぶ間もなく差し切った前走が、モノの違いを見せつける内容。相変わらずテンションは高いが、それで結果を出してきている馬だし、ここもキッチリ勝ってエリザベス女王杯出走に夢を繋げたい」と関係者。先週土曜の東京12Rでは【サンデーR】の勝負馬レガトゥスに本命印を打ち【1万8640円的中】をお届けした当社情報網も強力プッシュ。

対抗には【泉一郎】オーナーの勝負馬イズジョーノキセキを推奨。雨中決戦となった昨年の11月にこの舞台で1勝クラスを快勝。負かした相手が、その後3連勝するエアロロノアなのだから価値がある。しかも当時は、休み明けでプラス14キロに加え2枠2番からの発走と、状況は今回に酷似。タガノパッションが秋華賞を除外されコチラに回ってきたが「岩田康はタガノパッションが除外になってもこの馬に乗ることを決めていたらしい」との裏ネタも入っている。「ポン駆けも阪神も得意で多少の道悪なら大丈夫。一番この馬を分かっているジョッキーとなれば期待しかない」と関係者。絶好の最内枠も引き当てトーンも急上昇。

こういったジョッキー起用の話をいち早く聞けるのも馬主情報の特権。ジョッキーが決まるには必ず『理由』があり、その『理由』が『的中馬券』にも大きく影響してくることは言わずもがな。『乗せる側の思惑』と『乗る側の意志』がそこに集約されているのです。もちろん次週にも、騎手起用に関する『様々な動き』が報告されており、必ずや的中馬券に結びつくものと確信しておりますので、大いにご期待下さい。



骨折+去勢明けの前走を快勝した【近藤旬子】オーナーの勝負馬アドマイヤルプスに確信の本命印。その前走、関係者はさすがに半信半疑の様子だったが、全く危なげない勝利。当時2着のスワーヴヨハン、同4着のノーリスが既に1勝クラスを卒業と、決して相手に恵まれての勝利ではない。その後は放牧に出して、ベストの舞台となるココを目標。昇級とは言え相手の軽いここは連勝可能。

対抗には【西村專次】オーナーの勝負馬フクウンを推奨。4走連続で上り最速と昇級のここでも決め手は最右翼。前走は2着とコンマ1秒差だが、インを突いた2着馬に対し、コチラはド真ん中を堂々と伸びてきた。その2着馬キミハテルも休み明け2走目で1勝クラスを突破しているのだから価値がある。1週前は津村、その前2週は横山武が稽古をつけ一発目から勝負気配。ペースが速くなりそうなここは展開も味方する。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【サンデーR】にとって今週は勝負週。看板馬の重賞出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬がスタンバイしているが、総額7000万円で募集されたレガトゥスも、関係者が出たトコ勝ちを狙っている1頭。これまでで崩れたのは不良馬場の新馬戦と、格上挑戦だった京王杯2歳Sの2度だけ。前走は着差こそクビだが、どこまで行っても抜かれないだろう手応え。夏場を完全休養に充て、東京開幕週のココを目標に一発目からキッチリ仕上げられている。「現状では東京千四がベストの舞台。前走ではレース振りに心境も見られたし、昇級のここでもイキナリから戦える」と関係者。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬バルトリを推奨。勝ち馬には完敗の前走も、その勝ち馬シュバルツカイザーは昇級戦でも2着と相手が悪かった。それでも、積極的に出して行き2番手追走から結果を残したのは大きな収穫。開幕馬場でこの枠からなら粘り込み可能。藤沢和厩舎からは『土曜一番』の声も聞こえている。



「アウィルアウェイでスプリンターズS参戦の可能性もあった松山が中京に居残りとなった一番の理由は、この馬に騎乗するため」との裏ネタも入っている【コスモヴューF】の勝負馬プリンスリターンを狙い撃つ。その言葉通り松山は、2週連続で稽古に跨っただけでなく、これまでの走りをVTRで何度も確認。関係者も「初騎乗だが癖などはホボ完璧に把握してくれている」と目を細めている。担当も「この後は富士SからマイルCSに向かいたい」との青写真を描いており、賞金加算の為にも取りこぼしの許されない一戦となる。

対抗には【窪田芳郎】オーナーの勝負馬ルークズネストを推奨。ピクシーナイトとコンマ2秒差の接戦を演じたシンザン記念に、グレナディアガーズを封じたファルコンSと、中京でのパフォーマンスは古馬相手のここでも最右翼。スッと2,3番手が取れそうな展開も有利。ヨカヨカが引退した事により幸の連続騎乗となるもの、この馬にとっては大きなプラス。「調教では折り合いもつくようになってきたし、このメンバーなら古馬相手でも負けられない」と、関係者も目イチの構え。



4週間続いた5回中京開催も今週がラストウィーク。来週からは2か月間、阪神開催が続くこともあり、今週末にはオーナーの地元開催に勝利を義務付けられて出走する大ヤリ情報馬が複数スタンバイしている。中京ご当地馬主【名古屋友豊】の勝負馬リフレスカンテも、オーナーの地元開催で勝利を目指し目イチの仕上げが施されている勝負馬。馬連&3連単の完全的中をお届けした土曜中京7Rもそうであったように、現在の中京芝は好位でソツなく立ち回り、最後までシッカリ脚が使える馬の好走が目立っており、このリフレスカンテもその条件にピタリと当て嵌まる。前々走の新潟戦でもインでジッと我慢し、直線では狭い所を割って伸びる根性も見せ2着に健闘した。「最後の最後で同じ脚色になってしまった」と言うレース後の松山のコメントからも、前走は2600mが長かった印象。中山でスプリンターズSが行われる関係で、多くの馬が鞍上弱化となる中で、松山の連続騎乗と言うのも心強い限り。デビューから8戦中6戦で上り最速をマークと、決め手はここでも最右翼。未勝利勝ちの舞台で2勝目を飾る。

対抗には【小笹公也】オーナーの勝負馬テーオーロイヤルを推奨。【小笹公也】オーナーは先週終了時点でキャリアハイだった昨年に並ぶ14勝をマーク。4月のアンタレスSではテーオーケインズで初重賞制覇を飾るなど、今後益々の活躍が期待される要注目の馬主。そして、その中でも関係者から大きな期待を寄せられているのが、このテーオーロイヤル。4角大外から上位3頭にコンマ1秒差まで迫った青葉賞が優秀。しかも、当時は15人気の低評価であったが、当社情報網は「エンジンがかかってからの切れ味は相当。粗削りだが良いモノを持っており、一発あっても驚けぬ」との情報を入手していた。今回は5ヶ月振りの実戦になるが、2週前と1週前追い切りにジョッキーが稽古に跨り一発目から勝負態勢。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【ダノックス&野田みづき】オーナーにとって今週は勝負週。看板馬ダノンスマッシュ&ミッキーブリランテのGI出走に合わせ、平場&特別戦にも複数の勝負馬を送り込んでいるが、このミッキーブンブンも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を目指している勝負馬。デビュー戦は戦前から「ゲートが遅い」と言われていた通りスタートひと息も、慌てず騒がず追走すると、3,4角では抜群の手応えで好位にとりつき、直線でも豪快に伸びて3馬身差の大楽勝。今回は2ヶ月振りの実戦になるが、3,4週前は横山典、そして、ここ2週は調教師が自ら稽古をつけ目イチの仕上げ。『野田みづき&菊沢隆徳&横山典弘』のトリオでG2を2勝したミッキースワローの後継者になり得る素質も秘めている。

対抗には、坂路で馬ナリのまま好時計を叩き出し、デビュー前から関係者の期待が大きかった【村木隆】オーナーの勝負馬ラーグルフを抜擢。そのデビュー戦は、出遅れた上にコース取りも悪く9着敗退。それでも関係者は「末脚には見所があったし、まともに走ればチャンスはある」と手応えを掴んでいた。そして前走が、その期待に違わぬ走り。好スタートから難なく3番手を追走すると、直線では外に持ち出してキッチリ差し切って見せた。宗像厩舎サイドからは『今週一番』の声も聞こえおり、馬券的にも妙味タップリ。



ABCマートの創業者として有名な【三木正浩】オーナーは『日本の富豪』に何度もランクインした大物実業家。馬主としは2019年に初勝利をマーク。翌年は未勝利に終わったが、今年は既に6勝をマーク。また、今年のセレクトセールでは『ラヴズオンリーミーの21』を2億8000万円で落札するなど、今後の活躍が期待される人物。生まれは三重県伊勢市だが、名古屋市にある東邦学園短期大学を卒業と、中京との縁も深い。

現在は、7頭を預けている安田隆厩舎、4頭を預けている杉山晴厩舎が主力だが、安田隆調教師の息子で、現在2頭の所有馬を預かっている安田翔調教師にとっては大事な旦那様。このジャスティンカフェで是が非でも結果を残しておきたいところ。

不良馬場とはいえ同舞台で新馬勝ち。テーオーラフィット(現3勝クラス)や、エスコーラ(その後2連勝)を負かしている。2走目はオヌールとコンマ1秒差の競馬。3週連続で調教師自ら稽古に跨り一発目から勝負の仕上げ。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬サマートクリストを推奨。1.33.8の好時計で4馬身差の楽勝だった未勝利戦が優秀。2,3着馬も勝ち上がっており、相手が極端に弱かったわけでもない。スタートで煽り、道中は掛かりどおし。直線に入った時点でフラフラだった前走は参考外。こちらも3週連続で岩田望が稽古をつけ、最終追い切りではグレートタイムを追走し先着と仕上げに抜かりなし。未勝利勝ちの舞台に戻った今回は見直し必要。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【サンデーR】にとって今週は勝負週。ダービー馬シャフリヤールの神戸新聞杯出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬がスタンバイしているが、総額5000万円で募集されたベスビアナイトも、関係者が出たこと勝ちを狙っている勝負馬。ここ3戦連続で手綱を任され2勝2着1回と結果を出した菅原明から、鞍上をルメールに強化し一発目から目イチの勝負気配。「Cコース替わりの前残り馬場で、どスローに嵌って内で動くに動けないと言うような事がない限り、まず崩れる事はないでしょう」と関係者も自信満々。

対抗には、知る人ぞ知る中山ご当地馬主【丸山担】オーナーの勝負馬ラヴィンジャーを抜擢。こちらも古川吉から戸崎への鞍上強化しクラス卒業へGoサイン。「前走は、押し出されてハナに立った馬が、そのまま押し切る展開の中で、スタートで挟まれた上に勝負所で捌くのにも手間取ってしまったからね。中山コースが一番合っているし、デキが落ちる前に決めておきたい」と関係者。



2012年の牝馬3冠レースでは全てジェンティルドンナの2着。2013年のヴィクトリアMではオーナーに初のGI勝利をプレゼントし、翌年のヴィクトリアMで同レース連覇を達成したヴィルシーナの仔で、兄にブラヴァスがいる【佐々木主浩】オーナーの縁の血統馬ディヴィーナに確信の本命印。ローズS出走は叶わなかったものの、それは完全に想定内。最終追い切りに川田を乗せキッチリここに備えてきた。そして「普段は辛口な川田も動きを褒めており『土曜一番』に星勘定している」との裏ネタあり。専門紙などでは当たり障りのないコメントを発している陣営だが、当社情報網には「来年の今頃はオープン馬になっていると思うよ」との本音を打ち明けている。

対抗には、兄にサンリヴァルやヴァンケドミンゴがいる【幅田昌伸】オーナーお馴染みの血統馬ワイドエンペラーを推奨。関係者いわく「ヴァンケドミンゴ同様の成長曲線を描いており、夏を越してひと皮むけてきた」との事で、ルメールを配してきた今回は勝負も勝負の一戦。同じ舞台の重馬場で行われた4走前の大寒桜賞では勝ち馬からコンマ2秒差の3着。勝ち馬マカオンドールは京都新聞杯でも3着に健闘し、2着馬グレアリングアレイは、その後に1勝クラスを勝ち上がり2勝クラスでも2着。さらに、4着馬バジオウはプリンシパルS優勝とハイレベルなメンバー構成。「将来的には兄以上の活躍が期待されている」というのも納得で、アッサリのシーンがあっても驚けぬ。



2走前の高松宮記念で対抗に抜擢。インディチャンプとの軸2頭マルチで【9770円的中】をお届けした【キャロットF】の勝負馬レシステンシアに確信の本命印。その高松宮記念は浜中騎手へ急遽の乗り替わりで、8枠発走からいつもより一列後ろからの競馬。大敗してもおかしくないケースだったが、最後までシッカリ伸びてクビ差2着。「本番は次なので目一杯には仕上げていないが、少しゆとりがある程度で、良い状態で秋緒戦を迎えられる。理想的な枠も引けたし、開幕週のスピード馬場で54キロなら、まず勝ち負けでしょう」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬ピクシーナイトを推奨。アイビスSDのオールアットワンスに始まり、北九州記念のヨカヨカ、キーンランドCのレイハリアと、3歳馬の活躍が目立つスプリント路線だが、レコード決着となったCBC賞で2着した同馬の能力もかなり。「右回りだと内にささる面があるので、左回りの方が走りはスムーズ。2ヶ月半振りとはなるが当時より調子は良い。2度目のスプリント戦となる今回は、前走以上にやれると思うよ」と関係者。

土曜の中京8Rでは【シルクR】の勝負馬ウィンドリッパーを強力プッシュ。【馬連1点740円&3連単1万2540円】の完全的中をお届けした当社情報網もオススメの1頭。「ピクシーナイトはココを勝てばサマースプリントシリーズ優勝が決定。1着賞金5900万円に加え、ボーナスとして馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が交付。この1鞍でGI級の賞金を手にできるとあって、関係者も当然力が入っている」との話。



「鞍上の藤岡佑が『土曜一番』に星勘定している」との裏ネタも入っている【前原敏行】オーナーの勝負馬馬ジャックドールに確信の本命印。休養前のプリンシパルSは、スローで逃げてしまったのが大失敗。完全に切れ負けした格好だが、未勝利勝ち直後の格上挑戦で、勝ち馬からコンマ6秒差なら悪くない。「押せ押せのローテだったので、前走後は放牧に出してリフレッシュ。ひと夏を越して馬はパワーアップしており、自己条件からの再出発となるここは負けられない」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬ウィンドリッパーを推奨。休み明けの前走は、内を伸びた①②着馬に対し、こちらは外を選択。『叩き2走目・鞍上強化・未勝利勝ちの舞台』と、様々な条件が好転する今回は前進必至。



3勝クラスのダート1000m戦という数少ない番組に、この舞台を得意とする勝負馬が複数出走。その中でも勝負度合いが特に高いのが【安藤晋平】オーナーの勝負馬シンシティ。前走の新潟戦では12着に大敗しているが、実はこれには「前週の小倉戦を除外されて仕方なく使った」という必然の敗因あり。「プラス10キロだった上に、先行争いから引いてしまっては大敗も止む無し。この中間は2週連続で鞍上が追い切りに跨り、今週の坂路ではラスト1F11.6秒を叩き出すなど、状態面も前走以上。同型も多いので楽な展開は見込めないが、テンのスピードなら誰にも負けない。前走の敗因はジョッキーもよく分かっているだろうし、今回は自分の競馬に徹して押し切りを狙いたい」と関係者。

対抗には、2走前の中京戦で本命推奨し【馬連1点・1210円的中】をお届けした【ヒダカBU】の勝負馬ラホーヤノキセキを推奨。前走は陣営から森一Jに「何が何でもハナへ」の指示。しかし、グラナリーやマラードザレコードが早く、外からジンワリ2番手追走。ラストは勝ち馬の強襲に遭ったものの、積極的に逃げ馬を捻じ伏せてアタマ差2着と、早々にメドを立てた。栗東坂路での最終追い切りでは、コレまでの自己ベストを1秒以上も更新する4F51.7秒をマーク。鞍上も強化し目イチの構え。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【キャロットF】にとって今週は勝負週。9月1日よりスタートする『2021年度新規募集』の販売促進の意味も込め、勝利を義務付けられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイ。土曜は4勝をマークしたが、一番の目玉はアライバル。父エピファネイアの弟『クルミナルの20』が総額8000万円で募集されるという事もあり、クラブ関係者も、6月13日にザダルが制したエプソムC[G3]以来、約2ヶ月半振りとなる重賞制覇へ目イチの構え。ルメールを土曜から新潟で騎乗させ、土曜新潟6Rの芝1600m戦にはクラブ期待の新馬ソネットフレーズを用意。3馬身半差の圧勝劇を演じるなど、全てが思惑通りに進んでいる。「稍重でスローだった新馬戦は時計こそ平凡も、既に3頭が次走で勝ち上がっているようにハイレベルのメンバー構成。そこで2馬身半差をつけたのだから素質はかなりのもの。年内はココともう1戦だけにする予定なので、キッチリ勝って賞金を加算しクラシックに備えたい」と関係者。

対抗には【GIレーシング】の勝負馬セリフォスを推奨。ヴゼットジョリーとフロンティアで新潟2歳Sを制している中内田厩舎の勝負度合いもかなり高く「川田Jを土曜から新潟で騎乗させ、土曜の長岡S(芝1600m戦)には管理馬ロードシャムロックを用意」と言うのは、本命馬アライバルと同じパターン。「普段は慎重で辛口な川田Jが『こいつは重賞を獲らせないといけない馬』と親しい関係者に語っている」との裏ネタも入っており、アッサリ押し切るシーンがあっても驚けぬ。



多くの方がご存知のとおり【ダノックス】の川田J起用は勝負の証。近3年で87回コンビを組み、その連対率は47.1%にも上る。ダノンスマッシュでの高松宮記念制覇や、ダノンキングリーでの安田記念制覇は、会員様の記憶にも新しいところ。もちろん、休み明け一発目から川田Jを起用してきたダノンレガーロも、関係者が出たトコ勝ちを期待している勝負馬。「漸く素質に体が追いついてきて馬が本格化してきた。もう少し距離はあっても良いが、まだまだ上を目指せる素質馬。昇級のココも一発目から勝負になると思うよ」と関係者。

対抗には【キャロットF】の勝負馬トゥルーヴィルを推奨。【キャロットF】は近3年で97回福永Jを起用。連対率37.1%と高い数字を誇るが、中京記念で2着したカテドラルを筆頭に、今年の6月以降は14戦9連対で『連対率64.3%』という、驚異的な数字を叩き出している。「ここ2走の内容からも分かる通り、新潟コースは相当得意。早くから福永Jを押さえてココを目標に乗り込んできたので仕上げにも抜かりはない」と、関係者もイキナリからの構え。



ここは【㈱オースミ】の勝負馬オースミムテキに確信の本命印。「休み明けの前走は半信半疑だったが、スピードがある馬なのでああいう形になると渋太く粘れる。このクラスでもスピードは抜けていると思うので、上手く先行できれば引き続き上位争いでしょう」と関係者。福永Jもお気に入りの1頭で「力が入っている」との話。

対抗には【佐々木雄二】オーナーの勝負馬スペクタクルを推奨。「オープンの2戦では結果が出なかったが、千四が長かったのも確か。千二への距離短縮は大きなプラスで芝スタートになるも良い。2勝クラスなら古馬相手でも十分に戦える」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬ヴィジュネルに確信の本命印。「重賞やOPで上位を争っていた馬。前走で負かしたカイトゲニーは既に2勝クラスを突破している訳だし、久々で古馬相手でも、自己条件のここは一発で突破して欲しい」と関係者。

対抗には【青芝商事】の勝負馬グレイイングリーンを推奨。「クラブの馬なので春はGIにも参戦したが、当時は状態が本物でなかったからね。それにマイルも1F長かった。自己条件で千四からの再出発となる今回は見直せる」と関係者。



前走の青葉賞で【馬連1点1080円・3連単2万2870円】の完全的中に貢献した【東京HR】の勝負馬レッドヴェロシティに鉄板の本命印。「前走後は放牧へ出し、美浦で態勢を整えてから函館入り。大目標の菊花賞に良い状態で臨むためにも、ここは一発で決めておきたい」と関係者。

対抗には【村田能光】オーナーの勝負馬アラタを推奨。「思わぬ逃げとなった前走でキッチリ勝ち切ったように、ここにきて馬が急激に力をつけている。洋芝の2600mがいかにも合いそうなタイプで、昇級でもイキナリからやれると思うよ」と関係者。



ここは【ゴドルフィン】の勝負馬サヴィに確信の本命印。前走の欅Sでは7着に敗れているが、これには「ダートスタートで躓いて本来の競馬が出来なかった」という必然の敗因あり。「昨年勝っているレースだし、阪神のダート千四は得意な舞台。スタートを決めてスムーズに先行できれば、58キロでも上位争い」と関係者。

対抗には【冨士井直哉】オーナーの勝負馬ピンシャンを推奨。2ヶ月振りの実戦になるが、1週前の坂路では49.8秒をマークしたかと思えば、今週もラスト1F11.7秒を叩き出すなどイキナリから力を出せる仕上がり。「2走前の阪神で崩れたのは、出負けして強引にハナを奪いに行った結果。揉まれずに行きたい馬が大外枠を引けたのは大きく、他に行く馬も見当たらないココは逃げ切り可能」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【ゴドルフィン】の勝負馬ブルーシンフォニーの巻き返しに期待する。「前走は中途半端に下げてしまったところを前に入られて掛かってしまう酷い競馬。その後は間隔をあけて立て直し、ゲート練習も積んできた。今回はジョッキーの進言もあって千四へ距離短縮。2勝クラスなら古馬相手でも」と関係者。

対抗には【本田恒雄】オーナーの勝負馬カイトゲニーを推奨。「前走は少しハミを噛んでいたので勝ち馬には3馬身離されてしまったが安泰の2着。中1週でもデキはキープしており、今回も勝ち負けでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【前田幸治】オーナーの勝負馬スマッシングハーツに確信の本命印。あまり表沙汰にはなっていない話だが、実はこの馬、「追い切りの動きが抜群で、一旦は他のリーディング上位騎手への乗り替わりも検討されたが『一度頼んだのだから通すのが筋』と言う事で、デムーロの騎乗が最終決定した」という経緯あり。更にデムーロは「この馬の結果次第で今後の付き合い方を考える」と、関係者から言い渡されており、近年、騎乗馬の質が下がっている当人にとっては『絶対に結果を出さなければならない一戦』となる。「色々な距離を試してきたが、結局は東京のマイルが一番合っている。タガノビューティーを3馬身半ぶっちぎった実績から言っても、普通に走れば負けないと思うよ」と関係者。

対抗には【日隈良江】オーナーの勝負馬ハギノリュクスを抜擢。ここ2走は大敗が続いているが、実はこれには「厩舎解散前で状態が本物でないのに使っていた」という必然の敗因あり。「今回は20キロくらい体を増やしての出走となるが、全く問題ない。ジョッキーも『東京マイルならフィットすると思う』と言ってくれているし、イキナリからやれると思うよ」と、関係者も出たトコ勝ちを狙っている。印の割れている今回こそが、馬券的にも絶好の狙い目。



関係者から「障害帰りの今回こそが、馬券的には絶好の狙い目だよ」と、コッソリ耳打ちされた【林正道】オーナーの勝負馬ジゲンに孤高の本命印。出遅れた上に直線でも前にズラリと壁ができ、そこから大外に持ち出して猛然と追い込んだ昇竜Sの内容からも、2勝クラスでは地力上位の存在。「障害を使った事で腰に力がついて、坂路でも抜群の動きを見せている。ある程度ペースが流れてくれれば一発ある」と関係者。

対抗には【浅川昌彦】オーナーの勝負馬アサカディオネを推奨。「休み明けでも、早くからココを目標にやってきたので、一発目から力を出せる仕上がり。52キロで同型不在の今回は逃げ切り勝ちを期待したい」と関係者。



ここは【松本好雄】オーナーの勝負馬メイショウチタンに確信の本命印。過去の実績が示す通り千二の前走は距離不足。土曜の中京芝は『イン前有利』が顕著。ベストの千四で絶好枠を引き当てた上に先行勢が手薄となれば好勝負必至。「最終追い切りに跨ったジョッキーも状態面には自信を持っており、今回は勝ち負けに持ち込める」と関係者。

対抗には【栗本博晴】オーナーの勝負馬クリノガウディーを推奨。「前走後はセントウルSまで休ませるプランもあったが、あまりに具合が良いので続戦することにした。毎週、稽古をつけている岩田康Jも、状態面には太鼓判を押しており、この相手ならトップハンデでも譲れない」と関係者。



「馬主情報なら全てのレースを100%的中させられる」とは言いませんが、馬主の勝負に便乗した方が「間違いなく儲けられる筈!」と自信を持って断言します。

「買い」情報を配信して欲しいメールアドレスを入力し、【情報無料入手】のボタンを押して下さい。